PR

 米Googleは米国時間4月6日に,中小企業向け検索アプライアンス「Google Mini」の容量拡大と価格引き下げを発表した。最大10万件のドキュメントを検索でき,価格は2995ドル。従来の価格は4995ドルで,検索可能対象となるドキュメントは最大5万件だった。

 「文書,スプレッドシート,プレゼンテーション・ファイルに限らず,Webページやブログなどのコンテンツが激増しており,企業は組織規模にかかわらず,これらすべてのコンテンツを追跡することが困難になっている。当社の製品により,企業の顧客と従業員は,必要な情報をすばやく見つけることができる」(Google社企業事業ジェネラル・マネージャのDave Girouard氏)

 Google Miniは,Google Miniは,ハードウエアと検索ソフトウエアを組み合わせたアプライアンス製品。イントラネットや外部向けWebサイト内のコンテンツをインデックス化するので,「Google.comと同じく簡単に検索が行える」(同社)。2005年1月に発売開始して以来,数百社の法律事務所,医療機関,教育機関,コンサルティング会社,政府機関などの中小企業および組織で利用されているという。

 Google Miniには,1年間の顧客サポート,ソフトウエア・アップデート,ハードウエア交換サービスが付属する。

 また同社は,より規模の大きい組織向けの検索アプライアンス「Google Search Appliance」のエントリ・モデルの容量増強についても明らかにした。検索可能なドキュメントは最大50万件で,これまでの3倍以上。ハードウエア,ソフトウエア,2年間の顧客サポートを含む価格は3万ドル。

◎関連記事
米Google,中小企業向け検索アプライアンス「Google Mini」を提供開始
米Google,組織向け検索アプライアンス「Google Search Appliance」の新モデル
米Googleが「Gmail」の容量を2Gバイトに倍増,リッチ・テキストにも対応
「検索エンジンで最も人気が高いのは『Google』,しかし広告効果は低い」,米調査
「インターネット・ユーザーの87.2%はお気に入りの検索エンジンが決まっている」,米調査
米HP,ILM戦略におけるストレージ製品の新版を発表
「企業の60%が過去2年で社内情報検索の向上を実感,しかし改善の余地あり」,米調査
「電子データを知的資産として活用できるかが,企業の勝ち残りを左右する」

[発表資料へ]