PR

 米Computer Associates International(CA)は米国時間4月7日に,ネットワーク管理ソフトウエア・ベンダーの米Concord Communicationsを買収する計画を明らかにした。すでに最終合意書に署名済みだという。買収総額は3億5000万ドル。

 CA社は,Concord社の潜在普通株1株あたり17ドル(総額約3億3000万ドル)を現金で支払うほか,約2000万ドルの負債を引き受ける。取引は3~4カ月以内に完了する見込み。

 Concord社は,ネットワーク・パフォーマンスを管理し,将来を見越した容量プランニングを可能にする「eHealth」技術を持つ。各国の電気通信企業,サービス・プロバイダ,大企業などが採用しているという。また同社はVoIPや無線ネットワークなどの先進技術に向けた管理サービスも手がける。

 CA社社長兼CEOのJohn Swainson氏は,「Concord社の買収により,急成長するネットワークおよびシステム管理市場において,当社の立場を強化できる」と述べた。

 取引完了後,Concord社の業務はCA社Enterprise Systems Management部門に移管される。CA社のシステム管理製品「Unicenter」と組み合わせ,両社の顧客に広範なITインフラ管理製品を提供するとしている。なお,Concord社の社員640人のほとんどを引き続き雇用する予定である。

◎関連記事
米CA,5部門体制の組織再編成を発表
米CA,Unicenter事業部門のSVPに元米NovellのCTOを任命
英Clearswift,企業ネットワークの脆弱性を検査する無償のオンライン・サービスを提供
米HPと米Cisco,全世界で共通ブランドのITサポート・サービス提供へ
米MCI,あらゆる規模の企業を対象とする総合LAN管理サービス
米Novell,システム管理製品「ZENworks」拡充に向け米Tally Systemsを買収
米EMC,ネットワーク・システム管理ソフトの米SMARTSを2億6000万ドルで買収へ
世界ITサービス市場は2008年まで年平均6.9%で成長,「買収による整理統合が続く」

[発表資料へ]