PR

ソニー・コンピュータ エンタテインメント(SCEI)の米国法人Sony Computer Entertainment America(SCEA)が米国時間4月7日に,北米で3月24日に発売した携帯型ゲーム機「PlayStation Portable(PSP)」の販売状況を発表した。それによると,販売開始第1週の売上高は1億5000万ドルを超えたという。各種アクセサリを含む「PSP Value Pack」は,最初の2日間だけで50万セット以上販売した。

 同ゲーム機は,解像度480×272ピクセルのバックライト付き4.3インチ型ワイド・スクリーンTFT液晶画面,ステレオ・サウンド再生機能を持つ。90nm製造技術によるカスタム・プロセサを搭載し,赤外線ポート,USB 2.0ポート,Wi-Fi対応無線LAN機能,Memory Stick Duoスロットを備える。

 また,ソニーが開発した新しいメディア形式「UMD」を採用している。UMD光ディスクのサイズはDVDやCDメディアの半分にあたる直径6cm。1.8Gバイトのデータを格納できる。MPEG-4に対応しており,DVDビデオ品質の画像を提供可能という。

 「1億5000万ドルという売上高は驚異的だ。消費者向け製品の販売が低迷する時期であるうえ,期間中に多くの商店がイースターで休んでしまうのに,これだけの結果を残せた」(SCEA社)

 日本では2004年12月14日に販売を開始し,累積販売台数は100万台に近づいているという。

◎関連記事
ゲーム・コントローラの特許侵害訴訟,ソニー子会社に9070万ドルの支払い命令
ソニー「PSP」の北米発売は3月24日,「3月末までに全世界300万台出荷を目指す」
韓国Samsung,ソニーの携帯ゲーム機「PSP」にマルチ・チップ・パッケージを供給へ
Xboxのシェア拡大に伴いXbox Liveのメンバー数が140万人に到達
任天堂,北米向け「Nintendo DS」出荷数を計画の40%増に,既に全世界で120万台を販売
「2004年前半の米ゲーム市場,売上高は2.5%減少だが出荷台数は1%増加」,米調査
「携帯型ゲーム市場,2009年には現在の1.7倍の27億ドル規模に」,米JupiterResearchの調査
「8~34歳の米国男性は3分の1がゲーム機を所有,ゲーム内広告も効果あり」,米調査

[発表資料へ]