PR

 カリフォルニア州の医療機関である米San Jose Medical Groupは,患者の個人情報の入ったパソコンが盗まれたことを明らかにした。盗まれた2台のパソコンには,一部患者の氏名,住所,医療情報,社会保険番号が保存してあったという。

 パソコンは鍵のかかった事務所に保管していたが,3月28日に盗難にあった。届けを受けた地元警察が現在捜査を進めている。San Jose Medical Groupによると「機密情報の悪用や漏えいの形跡はない」という。

 ただしSan Jose Medical Groupは,不正行為を未然に防ぐためクレジット・カード会社に情報流出を伝えることと,今後送付されるクレジット・カード利用明細の内容を確認することをアドバイスしている。

 米メディアの報道(CNET News.com)によると,漏えいしたのは現在と過去の患者の情報で,対象者数は18万5000人弱という。

◎関連記事
UCバークレー校で学生約9万8000人分の個人情報が盗難
米連邦当局,個人情報流出時の対処規定を金融機関に通達
米LexisNexisで個人情報の流出,3万2000人分の社会保障番号などが漏えい
信用調査会社米ChoicePointの個人情報流出,対象は約14万5000人に拡大
米Bank of America,米政府用法人クレジットカードの顧客情報を紛失
「端末の盗難・紛失によるデータ漏洩を撲滅」、日立がディスクを搭載しないノート・パソコンを発表
英ロンドンのタクシーでの忘れ物,3年前と比べノートPCは71%増,ポケットPCは350%増
情報漏えい事件で最も多い原因は?

[発表資料(その1)]
[発表資料(その2)]