PR

 全米で市民参加型地域ニュース・サイトを運営する米GetLocalNews.comは,ニュース・サイトに記事を提供してくれたアマチュアのブロガーなどに,報酬を支払う計画だ。GetLocalNews.com社がホームページで明らかにした。

 GetLocalNews.com社の市民参加型地域ニュース・サイトは,地域の住民がブログなどで情報を発信する「市民ジャーナリズム」を基盤としている。読者も記事に対するコメントや批判などを投稿できる。

 報酬を受け取るには,記事提供者は「Readers Write」アカウントを新規取得あるいは更新する必要がある。アカウントのログイン・ページに,詳しいプロセスを掲載している。

 米メディアの報道(CNET News.com)によると,GetLocalNews.com社は,報酬を支払うことで,多くのトラフィックを引きつける記事や写真の提供を奨励し,広告収入の増加を狙っている。「提供記事の質の向上も期待できる」(GetLocalNews.com社CEOのEdgar Canon氏)。金額は,投稿記事が得た広告料(ページ・ビューあるいはビジターの閲覧回数をベースにする)の半分。金額が25ドル以上の提供者に,四半期ごとに小切手を送付する。ちなみに,最近米New York Times紙が買収した米AboutのAbout.comサイトでも記事提供者に報酬を支払っているという。

◎関連記事
米New York Times,About.comを運営する米Aboutの買収で合意
米新聞大手3社がニュース収集サイト米Topix.netの株式75%を取得
米Dow Jones,金融関連ニュースの米MarketWatchをおよそ5億1900万ドルで買収
米国人の47%は「ネットでのニュース視聴が過去1年間で大幅に増加」
「イラク戦争の報道に関し,米国のネット・ユーザーによる国外ニュース・サイト訪問が急増」――米Nielsen
米国のニュース収集サイトを活用する
「米国ブログ読者数は2004年に58%増加して3200万人」,米調査
米Yahoo!,ソーシャル・ネットワーキングとブログを統合した新サービス

[GetLocalNews.com社のWebサイト]