PR

 米Adobe Systemsは米国時間4月12日に,無償PDF閲覧ソフトウエア「Reader 7.0」のLinux対応版を発表した。同社Webサイトから入手可能。

 Adobe社Intelligent Documents Business部門製品マーケティング担当バイス・プレジデントのEugene Lee氏は,「Linuxは世界の企業,とくに政府関連や金融関連で採用が増えている。主要な企業向けアプリケーションをデスクトップ・パソコンに導入し始めた顧客から,Reader 7.0のLinux版を望む声が寄せられていた」と説明した。「顧客は,幅広いさまざまなシステムで,当社の企業向けデータ・プラットフォーム『Intelligent Document Platform』を利用することにより,ビジネス・プロセスやワークフローを向上できる」(同氏)

 Intelligent Document Platformの製品である企業向けドキュメント管理ソフトウエア「LiveCycle」のサーバー・サイドでは,すでにLinuxをサポートしている。これにLinux対応のクライアント・ソフトウエアが加わることで,中核アプリケーションにおけるドキュメントの作成および統合,利用,共有を効率化する。

 Readerは,「Acrobat 7.0 Professional」で作成したドキュメントのセキュリティ機能に対応し,「Yahoo! Search」機能も利用できる。Linux版Reader 7.0は,米Novellの「SUSE」,米Red Hatの「Red Hat Linux」をサポートする。

 ちなみに米メディアの報道(CNET News.com)によると,Readerのバージョン5はLinuxに対応していたが,バージョン6ではサポートしなかった。

◎関連記事
変ぼうする米Adobe,DTPベンダーから電子文書ベンダーへ
米Adobe,PDF処理ソフト・ファミリの新版「Acrobat 7.0」を発表
米Adobe,起動速度を大幅に改善したAdobe Readerの新版を公開
米Adobeが家電機器Linux向け「Adobe Reader」「Adobe PDF」発表,ソニーのカーナビに搭載
米Adobe,ドキュメント管理ソフト「LiveCycle Policy Server」と「Acrobat 7.0」をリリース
米Adobe,デザイン/出版業務向けスイートの新版「Creative Suite 2」を発表
米Adobe,メタデータ仕様のスキーマ「IPTC Core Schema for XMP」を発表
「米国企業の約半数が,電子メールや電子ドキュメントの記録保管に関するポリシーを持っていない」,米調査

[発表資料へ]