PR

 米Cisco Systemsは米国時間4月14日に,サーバー・スイッチ・メーカーの米Topspin Communicationsを買収することで両社が最終合意に達したと発表した。買収総額は約2億5000万ドル。取引は2005年4~6月期に完了する見込み。

 Topspin社はカリフォルニア州マウンテンビューに本社を置く未公開企業。設立は2000年4月,従業員は約135人。グリッド・コンピューティングやユーティリティ・コンピューティング,クラスタ接続した企業アプリケーション,サーバー・ビジュアライゼーションといった環境に向けた高性能インフラを実現するためのサーバー・ネットワーキング装置を手がけている。

 Cisco社はTopspin社買収により,InfiniBand対応サーバー・スイッチで,自社のデータ・センター向けスイッチ製品を拡充する。Ethernet対応スイッチ製品「Catalyst」を含む既存のストレージ・スイッチ製品やネットワーク・スイッチ製品を補完することになり,「顧客がフレキシブルなグリッド型データ・センターを構築するための専用ネットワーキング技術とサービスを提供できる」(Cisco社)

 取引完了後,Topspin社はCisco社のData Center, Switching and Wireless Technology Group傘下に入る。

◎関連記事
米IBTA,「InfiniBand Architechture 1.2」仕様の完成を発表,最高120Gbpsのデータ転送が可能に
ファイバ・チャネルの業界団体が8Gbps接続のロードマップ追加を承認
米Dell,高性能コンピューティング・クラスタのパフォーマンスを強化
NEC,米Intel,米Oracle,米Sunなど,企業向けグリッドの普及促進に向けた団体「EGA」を設立
米Dell/米EMC/米Intel/米Oracle,企業向けグリッド構築活動「Project MegaGrid」で協力
米HP,米IBM,米Intel,米SunがGlobus Toolkitの商用導入促進を図る業界団体を結成
「グリッド・コンピューティング,2005年のマーケティング予算は大幅増」,米調査
「2007年の世界グリッド・コンピューティング市場は120億ドル規模へ,商用分野での利用進む」,米IDC

[発表資料へ]