PR

 米Time Warner傘下のAmerica Online(AOL)が,企業向けインスタント・メッセージング(IM)に関するパートナ支援策「AOL Enterprise Federation Partner(EFP)」を米国時間4月14日に発表した。またAOL社は,米Antepo,米Jabber,米Omnipod,米Parlanoの4社が企業向けIMパートナとなったことも明らかにした。

 これにより4社は,企業顧客に対して,AIMやICQなどAOL Messaging Networkの暗号化アクセス・サービスを提供できるようになる。EFPに従い,各社はIMソリューションをAOL Federation Gatewayに接続し,SIP/SIMPLEおよびXMPP対応IMのほか,AOL社の独自メッセージング・システムとの通信も行う。

 IMサービス・プロバイダがEFPに参加すると,企業ユーザーが社内通信をリアルタイムに行えるようになるだけでなく,AOL Messaging Networkを利用しているベンダーやパートナ,顧客とのメッセージ交換も可能となる。

 「各社のIMユーザーは,AOL/AIM/ICQユーザーをコンタクト・リストに登録できる。逆にAOL/AIM/ICQユーザーは,こうした企業IMユーザーをAIM Buddy ListやICQ Contact Listに入れられる」(AOL社)

◎関連記事
「3月はフィッシング・メッセージが急増」,米Mail-Filters.com
「フィッシングは,IMの悪用や“ファーミング”へ」――業界団体が警告
「米国企業の49%,IM利用に関する社内規定はなし」,英SurfControl
「2005年Q1は,IMや不正サイトを利用した攻撃が前期比300%増加」,米調査
「IMのセキュリティ脅威,2005年は毎月50%のペースで増加中」,米調査
「2005年第1~6週のIMワーム,前年同時期と比べ3倍以上増加」,米調査
「2004年の企業IMユーザー数は3.62億人,2008年には6.7億人に」,米調査
「企業の36%は社内のIM利用を禁止,セキュリティ侵害や法規違反を懸念」,米調査

[発表資料へ]