PR

 米Hewlett-Packardはポーランドのブロツラフにビジネス・プロセス・アウトソーシング(BPO)センターを開設する。同社がポーランドで現地時間4月15日に計画を明らかにした。今後5年間で同センターに5000万ドルを投じる。

 同センターの目的は,ポーランドの商業促進を図り,HP社BPO事業をグローバルに拡大すること。欧州全土に拠点を持つ多国籍企業に,地域に応じた財務会計サービスを提供する。

 同社は,「欧州の中央に位置し,ITインフラが整っていることから,アウトソーシング・サービスへの高まる需要に対応できるとしてブロツラフを選んだ」と説明した。新センターでは,約1000人を雇用する予定である。

 HP社Managed Services部門BPO担当ジェネラル・マネージャ兼ワールドワイド・バイス・プレジデントのMarc Schwarz氏は,「地域のリソースとグローバルなリソースを組み合わせ,当社の顧客が必要とするサービスを必要とする場所で提供する」と述べた。ちなみに米メディアの報道(InfoWorld)によると,HP社はすでにスペインのバルセロナでBPOセンターを開設している。ポーランドの新センターは,「主にドイツや,昨年EU加盟を果たした東欧諸国での事業機会獲得を狙う」(HP社中欧および東欧向け技術サービス責任者のHerbert Rastbichler氏)という。

◎関連記事
「2005年世界のアウトソーシング市場は前年比8%増の1337億ドル規模へ」,米Gartner
「アウトソーシングはITサービス市場の成長源,2007年には市場全体の56%を占める」,米調査
行政アウトソーシングの成否を分ける“職員の処遇”
米Accentureと英BTが人事管理アウトソーシング契約を拡大,総額5億7500万ドル
2005年のシステム商談のキーワードは何か?
「米連邦政府のITアウトソーシング支出,今後5年で55%拡大」,米調査
BPO/BTOは儲からない? ユーザー企業とベンダーの微妙な関係
「2004年のオフショアBPO市場は前年比65%成長,しかしその後2007年まで停滞」,米Gartner

[発表資料へ]