PR

 米Intelは,無線ブロードバンド規格WiMAX(IEEE802.16-2004)対応の顧客宅内装置(CPE)用システム・オン・チップ(SoC)「Intel PRO/Wireless 5116」(開発コード名は「Rosedale」)を提供開始した。Intel社が米国時間4月18日に明らかにしたもの。

 WiMAXは,無線規格であるIEEE802.16と,欧州の都市型無線ブロードバンド標準であるHiperMANに準拠した広帯域無線アクセス製品の相互接続性を確保するための規格。非営利業界団体のWiMAX Forumが策定/推進している。基地局から数k~数10kmの範囲でポイント・ツー・マルチポイント接続でき,通信速度は数M~数10Mbps。

 Intel PRO/Wireless 5116は,「家庭および企業向けの低価格で高速な無線モデムを実現するのに必要な機能を備えるLSI」(同社)という。「現在DSLやケーブル回線が敷設されていない辺地でも,ブロードバンド・インターネット接続が利用できるようになる。数マイル離れた建物のあいだを無線接続することも可能」(同社)

 WiMAXについて,Intel社ブロードバンド無線部門ジェネラル・マネージャのScott Richardson氏は「標準ベースで高速インターネット接続を実現できるため,インターネットをさらに拡大するプラットフォームとなり,インターネット・ユーザー数を10億人増やす」と説明する。

 同社によると,世界各地のサービス・プロバイダが2005年の後半に,Intel社の各種LSIを用いて商用WiMAXサービスの運用試験を始める予定という。

 また,英Airspan,イスラエルAlvarion,米Aperto Networks,米Axxcelera Broadband Wireless,台湾Gemtek,中国Huawei,米Proxim,カナダRedline Communications,ドイツSiemens Information and Communication Mobile(Siemens mobile),カナダSR Telecom,中国ZTEなどの装置メーカーが,Intel PRO/Wireless 5116搭載製品の開発計画を発表している。これらメーカーは,将来WiMAX Forumが運営する認定試験に参加すると見込む。

 米メディアの報道(internetnews.com)によると,Intel PRO/Wireless 5116は,直交周波数分割多重(OFDM)物理層,10/100Mbspメディア・アクセス・コントローラ,インライン・セキュリティ処理,VoIPなど向け時分割多重処理(TDM)コントローラ・インタフェースといった機能を備えているという。

◎関連記事
米Intelと中国ZTE,WiMAX対応機器の開発とサービス用の周波数確保で協力
米Intel,中国の2都市とWiMAXを採用する無線インフラ構築で提携
カナダNortelと韓国LG Electronics,WiMAX対応携帯電話の開発で協力
加Wavesat,「世界初」のWiMAX対応LSIを一般提供開始
富士通,2005年初頭に無線ブロードバンド規格WiMAX対応LSIを出荷へ
「無線ブローバンド技術WiMAX,2009年までにおよそ850万人が利用へ」,米In-Stat
「無線ブロードバンドWiMAX対応機器,2008年に売上数十億ドルに」,米調査
「WiMAX対応チップの需要は2008年までニッチ市場に限定される」,米IDC

[発表資料へ]