PR

 米Microsoftは,アプリケーション開発環境「Visual Studio 2005」のベータ2版,アプリケーション開発プラットフォーム「Microsoft .NET Framework 2.0」のベータ2版,データベース・ソフトウエア「SQL Server 2005」のコミュニティ技術プレビュー4月版(April CTP)を公開した。Microsoft社が米国時間4月18日に明らかにしたもの。

 これらベータ版のリリースについて,Microsoft社サーバー&ツール担当上級副社長のEric Rudder氏は「開発サイクルの最終段階に入ったことを示している」と述べる。

 同社アプリケーション・サーバー担当上級副社長のPaul Flessner氏は「SQL Server 2005はApril CTPで機能が固まった」と説明する。「顧客やパートナ,特に独立系ソフトウエア・ベンダー(ISV)には,アプリケーション提供に向け,April CTPをダウンロードして試験することを勧める」(同氏)

 また同社は,ベータ2版などで開発したアプリケーションでも正式な製品として販売可能とするライセンス「Go-Live」を,Visual Studio 2005やSQL Server 2005にも適用する方針を発表した。「これにより,ベータ版のコードを含むアプリケーションの提供が可能となる。したがって開発ベンダーは,Visual Studio 2005正式版のリリース後,素早く製品を市場投入できる」(同社)

 米メディアの報道(internetnews.com)によると,Visual Studio 2005とSQL Server 2005の正式版は2005年末までに利用可能になる予定という。

◎関連記事
米Microsoftが「Visual Studio 2005」の価格を発表,「Standard Edition」は299ドル
米Microsoft,次期データベース・ソフト「SQL Server 2005」の第3回CTPを公開
米Microsoft,次期データベース「SQL Server 2005」の製品構成と価格を発表
米Microsoft,.NET Frameworkベースの次世代Webサービス技術「Indigo」を発表
米Microsoftと独SAP,Webサービスで関係強化,「.NET」と「NetWeaver」の統合を推進
「2004年のRDBMS世界市場は11.6%成長,トップ5ベンダーは前年と変わらず」,米調査
.NETの強さと弱さ
「.NET」と「Java」に二分されるWebサービスのプラットフォーム,来年はともに約60%の開発者が使用

[発表資料へ]