PR

 米Apple Computerは米国時間4月18日に,「Mac OS X」のマイナー・アップデートで発生するJavaアプリケーション動作の不具合について,迂回方法などの関連情報を同社サポート・サイトに掲載した。

 この不具合は「Mac OS X v10.3.9」のアップデートを適用した一部のシステムで,同社のブラウザ「Safari」を使ってJava対応Webサイトにアクセスした場合やJavaアプリケーションを動かした場合に,Safariが突然終了したり,Javaアプリケーションが突然終了する,あるいは起動しなくなるというもの。

 バグの影響があるかどうか確認するためには, 「Applications」フォルダ内の「Utilities」フォルダに入っている「Terminal」を起動し,「java -version」と入力してリターン・キーを打つ。バグの影響がある場合は,「Segmentation fault」というメッセージが表示される。

 同社は,この問題の迂回方法として,ソフトウエア・アップデート「Java 1.4.2 Update 2」と「Security Update 2005-002」(いずれか,あるいは両方)のインストールを勧めている。

 Java 1.4.2 Update 2は,まだインストールしていないユーザーのみ。インストール済みのユーザーは再インストールする必要はない。Security Update 2005-002は,すでにインストールしている場合も,再度適用する。

 なお米メディアの報道(CNET News.com)によると,Apple社は「Mac OS X v10.3.9のアップデートをこのまま公開していく計画だ」(同社関係者)という。

◎関連記事
Mac OS X用Javaプラグインにセキュリティ・ホール,Security Updateで解消
Mac OS Xのセキュリティ・アップデートが公開,カーネルやSafariの脆弱性を修正
Mac OS Xのセキュリティ・ホールをふさぐパッチが公開,Safariは「IDN問題」に対応
米Apple,Mac OS Xの次期メジャー・バージョン「Tiger」と「Tiger Server」を4月29日に発売
米MSがパッチ適用ソフトSUS後継製品の名称をWSUSに変え,製品候補版を提供開始
「4月13日に公開予定のセキュリティ情報は8件,半分以上が『緊急』」──マイクロソフト
「米国政府にパッチを優先的に提供する」という報道は誤解──米Microsoft
米Mozilla Foundation,セキュリティ対策版の「Firefox 1.0.3」「Mozilla 1.7.7」を公開

[Apple社のサポート・サイト]