PR

 カナダのResearch In Motion(RIM)は,企業向けインスタント・メッセージング(IM)のモバイル利用に関して,米Novellおよび米IBMとそれぞれ提携を結んだ。いずれもRIM社が現地時間4月19日に明らかにしたもの。Novell社とIBM社それぞれが提供しているIM機能をRIM社の携帯端末「BlackBerry」で利用可能にする。

 具体的には,Novell社のコラボレーション・スイート「GroupWise」のIMモジュール「GroupWise Messenger」,およびIBM社の企業向けIMシステム「Lotus Instant Messaging(LIM)」のBlackBerry対応クライアント・ソフトウエアを開発する。

 RIM社社長兼共同CEOのMike Lazaridis氏は,「企業IMは当社の顧客にとって重要なアプリケーションの一つだ。またBlackBerryユーザーにとって,無線IMは既存のオフィス・アプリケーションの補完的役割を果たしつつある」と説明した。

 LIM用クライアント・ソフトウエアは年内にリリースする予定。GroupWise Messenger用クライアント・ソフトウエアについては,リリース時期を明らかにしていない。

 さらにRIIM社は,同様の提携を米Microsoftと結んだことを同日発表した。BlackBerryからMicrosoft社の企業IMサーバー「Office Live Communications Server(LCS)2005」の機能にアクセスするためのクライアント・ソフトウエアを開発する。

◎関連記事
加RIM,モバイルIMに関して米Yahoo!および米AOLとそれぞれ提携
カナダRIM,「BlackBerry」向けJava開発ツールと「Exchange」「Domino」対応サーバー・ソフトをリリース
米Nextelと加RIM,Bluetooth技術対応のBlackBerry新機種を発表
米Nextelと加RIM,モバイル向け位置情報サービスの開発促進で提携
米PalmSourceとカナダRIM,Palm OSライセンシ向け「BlackBerry Connect」の提供で提携 
米Sprint,加RIMの無線メール・サービス「BlackBerry」を提供へ
加RIM,無線プラットフォーム「BlackBerry」で米Novellの「GroupWise」をサポートへ 
「職場やモバイルでのIM利用が増加」,米AOL調査 

[発表資料へ(その1)]
[発表資料へ(その2)]
[発表資料へ(その3)]