PR

 韓国Samsung Electronicsの米国子会社Samsung Telecommunications Americaは米国時間4月18日に,音声を認識してテキストに書き出すspeech-to-text機能を搭載したEDGE携帯電話「p207」のリリースを明らかにした。

 p207は,米VoiceSignal Technologiesの音声認識技術「VoiceMode」を採用する。音声でテキストを作成できるため,ボタンを押して文字を入力する手間と時間がかからない。ユーザーの語調や抑揚を学習する辞書を内蔵しており,「頻繁に使うほど,音声の認識精度が高まる」(同社)。

 そのほか,音声認識により,ダイヤル発信,アドレス帳検索,アプリケーション起動などが操作できる。

 ボディ・カラーは黒で,VGAカメラ/カムコーダを内蔵する。無線マルチメディア・メッセージングおよびインスタント・メッセージング機能などを備える。

 米メディアの報道(CNET News.com)によると,米Cingular Wirelessが2年契約の加入者に同携帯電話を80ドルで販売する。ちなみにSamsung社の希望小売価格は180ドル。

◎関連記事
韓国Samsung Electronicsの米国法人,音声をテキストに変換する携帯電話機を発表
韓国Samsung,3次元感知センサーを搭載する携帯電話機を発表
米Microsoft,音声認識ソフト「Voice Command」の英国方言対応バージョン
米Microsoft,PDAと携帯電話向けの音声認識ソフト「Voice Command」を発表
「モバイル・ゲーム」に力を入れる韓国の携帯電話会社
「2004年の世界携帯電話機出荷台数は前年比27%増,2005年は7%増の見込み」,米調査
「2004年Q4の世界携帯電話出荷台数は前年同期比24%増,Nokiaが首位を維持」,米調査
「携帯電話で重視するのは男性がスタイルとステータス,女性は安全性とセキュリティ」,米調査

[発表資料へ]