PR

 韓国のHynix Semiconductorは,国際的なDRAM価格カルテルに加わったことを認め,1億8500万ドルの罰金支払いに応じる。米司法省(DOJ)が米国時間4月21日に明らかにしたもの。

 DOJによると,Hynix社は1999年4月1日~2002年6月15日にほかのDRAMメーカーと共謀し,販売価格を操作したという。その結果,「米Dell,米Hewlett-Packard(HP),米Compaq Computer(2002年にHP社と合併),米Apple Computer,米IBM,米Gatewayが直接的な影響を受けた」(DOJ)。

 なお,この件にはドイツのInfineon Technologiesも関係していた。既にInfineon社は1億6000万ドルの,同社役員4人は各25万ドルの罰金を支払った。

◎関連記事
米Rambusの特許侵害訴訟,韓国Hynixの特許侵害を一部認める略式判決
韓国Hynixが中国に半導体工場建設を計画,2006年に量産体制へ
独Infineonが米Rambusとの特許侵害訴訟で和解,ライセンス料は2年で4680万ドル
「2004年の世界半導体市場は23.4%増の2199億ドル規模」,米調査
10月の世界半導体市場,在庫調整の継続により売上高は前月比1.5%の微増
「世界半導体市場は2004年後半に成長が減速,2005年に停滞期へ」,米調査
「2004年Q2の世界DRAM市場,売上高は前期比19.8%増の67億ドル」,米Gartner
「世界eDRAM市場,ASSPに押されつつも年平均13.2%で成長」,米In-Stat/MDRの調査

[発表資料へ]