PR

 英Sophosは,Windowsシステムに感染してMP3音楽ファイルの削除を試みるワーム「W32/Nopir-B」を発見した。Sophos社が英国時間4月21日に明らかにしたもの。「インターネット上の海賊行為に制裁を加えようとしている」(同社)

 同ワームはフランスで初めて見つかり,PtoPファイル共有システムを介して広まるという。市販DVDメディアの複製ツールを装っている。

 感染すると,フランス国旗と海賊行為に反対する画像を表示し,パソコン内にあるすべてのMP3音楽ファイルを削除しようとする。システム・ユーティリティの無効化や,.com形式の実行ファイルの削除も行う。

 「このワームは,海賊行為に荷担する人々を狙っているようだ。しかし,本当の犯罪者と,自分でMP3ファイルを作った人の区別ができていない」(Sophos社上級技術コンサルタントのGraham Cluley)

◎関連記事
2005年3月のウイルス被害状況,「Zafi-D」が4カ月連続のワースト1
「ただのコピーでは済まされない;それは犯罪だ」,SIIAが新しい対海賊版スローガンを発表
米映画業界が,PtoPで不正な映画ファイル交換向けサーバー運用した個人を提訴
米国アーティストは創作活動にネットを活用,しかし52%が「無許可のファイル交換は違法」
米映画協会,PtoPによる不正な映画ファイルの交換で複数の個人を提訴
P2P技術を理解する
「PtoPファイル交換,ユーザーの約40%が会社のネットワークを利用」,米調査
75%が「個人利用目的の音楽ダウンロードは罪にならない」

[発表資料へ]