PR

 米BEA Systemsは,通信事業者向けのソフトウェア・プラットフォーム「BEA WebLogic Network Gatekeeper」の提供開始を米国時間4月25日に発表した。同製品は,通信事業者向けにネットワーク・アクセスの管理を行なう。セキュリティを強化して通信ネットワークの品質を高め,顧客満足の向上を支援する。

 WebLogic Network Gatekeeperは,ネットワーク・リソースに対してアクセスとQoSパラメータの定義,管理を行なうもの。コンテンツ課金,モバイル端末の位置情報,SMS,MMSメッセージ配信といったネットワーク機能のポリシーの定義と実行を行なうシングル・ポイントとしての役割りを果たす。

 同社は,2月に通信事業者向けの新製品,ソリューション,サービスの拡張を含む新しい構想を発表している。WebLogic Network Gatekeeperは,同構想のもとに提供されるスイート「BEA WebLogic Communications Platform」の2番目の製品となる。同社は,年内にその他の製品のリリースも予定している。

 同製品の詳細は,同社のWebサイトに記載されている。

◎関連記事
米BEA Systems,通信事業者向け新製品,サービス拡張を発表
BEA、通信業界向けアプリ・サーバーを発表
「システム・コンサルティングでSOA普及を後押しする」、米BEA幹部
米BEA,米IBM,米MSなど,Webサービス信頼性確保仕様「WS-RM」をOASISに提出
米BEA,SOA導入を支援する計測/評価ツール「SOA Readiness Self-Assessment」を発表

発表資料へ