PR

 ドイツのSAPと米Microsoftが,「Microsoft Office」の各アプリケーションとSAP社の業務用アプリケーションを連携させるツール「Mendocino」(開発コード名)を,デンマークで現地時間4月26日に発表した。共同開発を進めており,2005年第4四半期に一部顧客への早期提供を開始する予定。

 Mendocinoは,Microsoft OfficeとSAP社の企業向けソフトウエアを連携させる。SAP社製ソフトウエアの時間管理,予算監視,組織管理,出張/支出管理といった機能を,Microsoft Officeから直接利用可能とする。たとえば,Microsoft Exchange ServerとSAP社製ソフトウエアとの情報同期,SAP社製ソフトウエアからMicrosoft Excelへの情報取り込み,Microsoft Office InfoPathのフォームを使ったデータ入力といった操作が行えるようになる。

 「Mendocinoは,重要な企業情報の検索にかかる時間と手間を減らし,情報を複製する無駄を少なくし,複数の異なるシステムを使うために行う教育の必要性を小さくする。さらに,Microsoft Officeと『mySAP Enterprise Resource Planning(mySAP ERP)』という既存投資から,最大限の価値を引き出すことができる」(両社)

 関係強化の一環として,両社はソリューションの相互再販を行うことでも合意した。具体的には,SAP社がMicrosoft Officeを再販し,Microsoft社がSAP社のビジネス・プロセス・プラットフォームのライセンス再販を行う。同プラットフォームは,Mendocinoなどの複合的なアプリケーションを作成/展開する際の基盤となる。2006年に利用可能とする。

 米メディアの報道(InfoWorld)によると,Mendocinoという開発コード名は,SAP社カリフォルニア州パロアルト事業所とMicrosoft社本社(ワシントン州レッドモンド)の中間に位置するカリフォルニア州メンドシノにちなんでいるという。

◎関連記事
米Microsoft,次世代開発プロジェクトなどビジネス・アプリケーション戦略を明らかに
独SAP,米PeopleSoft製品向けに包括的なサービスを提供するプログラムを発表
米Microsoft,米PeopleSoft製品からの移行を促進するディスカウント・プログラムを発表
「米Microsoftと独SAPの間に合併計画の協議があった」,両社が特例で発表
「2004年のアプリ統合/ミドルウエア/ポータルの世界市場,首位は米IBM」,米調査
米Oracle,米Retekの株式94%取得で買収に成功
米Oracle,米PeopleSoft統合にともなう製品ロードマップを明らかに
「2005年は『再編成』の年に」,米IDCが来年のIT市場を予測

[発表資料へ]