PR

 ドイツのSAPは企業アプリケーション市場における地歩強化を図り,米IBM,ドイツのSiemens,米Macromediaとそれぞれ提携を結んだ。SAP社が,デンマークのコペンハーゲンで開催している国際会議「SAPPHIRE '05」で,現地時間4月26日に明らかにしたもの。

 IBM社との提携では,IBM社のデータベース・ソフトウエアの最新版「DB2 8.2.2」とSAP社製品との最適化を図った。SAP社の製品を利用している顧客は,DB2 8.2.2の導入,保守,利用を効率的に展開できる。また,高度な自律機能によって,SAP社製品環境でDB2の自動設定などが行える。DB2 8.2.2は4月29日に利用可能になる。

 Siemens社とは,ヘルスケア・プロバイダ市場に向けたITサービスに関して,世界規模の戦略提携を結んだ。両社はこれまで10年以上にわたり,ヘルスケア業界で協力体制を敷いており,今回の提携はこれを強化するもの。今後,SAP社のアプリケーション・プラットフォーム「NetWeaver」をベースにした共同ソリューション「Siemens Soarian and SAP Healthcare」を米国,ドイツ,日本で提供する。

 「ヘルスケア機関は,業務プランニング,財務分析,会計および人事のタスク実行でコラボレーション体制を確立することができる。また,患者管理を強化し,ペーパーワークを大幅に減らすことが可能」(SAP社)

 またSAP社は,Macromedia社のWebアプリケーション・フレームワーク「Flex」を,自社のポータル・アプリケーション構築ツール「NetWeaver Visual Composer」の次期版に組み込む。ユーザーは,よりインタラクティブなGUIを作成することができる。

◎関連記事
独SAPのQ1決算は増収増益,米国がけん引役となりソフト収入は17%増
独SAP,BPO戦略を支援するプログラム「BPO Services Powered by SAP」を発表
独SAPと米Intel,企業のRFID技術の導入促進で提携
独SAPが米RetekのTOB額を11ドルに引き上げ,「米Oracleの提示より22%高い」
独SAP,米Virsaの法規準拠支援ソフトを「mySAP ERP」のアドオンとして提供
独SAP,予定より1カ月早く「mySAP ERP」の最新版を発表
独SAP,小売業界向けソフト・スイートの米Retekを約4億9600万ドルで買収へ
独SAPと米IBM,社会福祉と社会保障市場向けソリューションの開発と販売で提携

[発表資料へ(その1)]
[発表資料へ(その2)]
[発表資料へ(その3)]