PR

 米IBMは米国時間4月26日に,医療コンサルティング・サービスの米Healthlinkを買収する計画を明らかにした。取引は2005年第2四半期に完了する予定。買収金額については明らかにしていない。

 IBM社Business Consulting Services部門世界および米大陸医療業界担当のNeil E. de Crescenzo氏は,「医療関連の向上は,世界の大手民間会社および公共機関にとって優先事項の一つだが,医療に関する洞察力と臨床経験に加え,高度な技術が必要となる」と述べる。「Healthlink社買収により,当社は医療業界におけるコンサルティング・サービスの主導的地位を確立し,最適な治療の実施と効率的な運用の実現を支援する」(同氏)

 取引完了後,Healthlink社の従業員625人はIBM社に移管される。これら従業員には,医療システムや財務システム導入,患者データ管理,治療プロセス最適化,財務および業務管理,法規準拠に関するコンサルタントが含まれる。なお,IBM社は米国に医療専門のコンサルタントを300人以上かかえている。

 IBM社によると,Healthlink社がIBM社に加わった際には,米「Fortune」誌の「2004年Global 500」ランキングに入っている医療関連企業12社は,すべてIBM社の顧客になる。

◎関連記事
米IBMなど,数10万人のDNAサンプルから人類移動史を解析する研究活動を開始
米IBMなど,人道的な研究を支援するPCグリッド・コンピューティング活動を開始
米IBMなどがグリッド・コンピューティング計画を発表,目的は天然痘の治療薬開発
第8回 バイオインフォマティクスの発展に欠かせないITエンジニア
第7回 バイオ自然言語処理最新事情──ポストゲノム時代に高まるバイオ自然言語処理への期待
米Microsoft,データ分析/スパム検出ソフトでHIV用ワクチン開発を支援
第6回 データ・マイニングの最新アルゴリズムで,大量データを有効活用

[発表資料へ]