PR

 米Yahoo!は,Web検索履歴の保存や閲覧Webページの保存/共有を可能とするサービス「My Web」(ベータ版)の提供を開始した。Yahoo!社が米国時間4月27日に明らかにしたもの。同社の検索サービス・ページから利用できる。

 My Webは,2004年10月にベータ提供を開始したパーソナル化検索サービス「My Yahoo! Search」の改良版に相当する。個人用のオンライン・アーカイブ領域を設け,そこにお気に入りページ,検索結果,検索履歴を保存する。

 検索履歴は自動保存し,後日Yahoo! Searchから呼び出したり,管理したりできる。閲覧したWebページの「正確な」(同社)複製を取り,アーカイブに入れておくことも可能。

 保存した情報は,電子メールやインスタント・メッセージング「Yahoo! Messenger」,新サービス「Yahoo! 360」によるパーソナル・ネットワークなどを介して,友人や同僚と共有できる。保存したWebページにメモを付けることや,検索結果に注釈を加える機能もある。さらに,保存済みWebページをブログにリンクするなどして公開したり,RSSで通知したりすることも行える。

 同社は,My Webの機能を利用するためのAPIをWebサイトで公開している。また,My Webは情報共有仕様Attention.XMLに対応しており,ほかのサービスとの相互接続が可能という。

 なお同様のパーソナル化検索サービスは,米Ask Jeevesが「MyJeeves」,米Googleが「My Search History」として提供している。

◎関連記事
打倒米Googleなるか? 米Yahoo!が新検索ツール「Y!Q」ベータ版提供
米Yahoo!,パーソナル化した検索サービス「My Yahoo! Search」のベータ版を発表
米Google,検索履歴を管理する「My Search History」のベータ版を発表
「Googleユーザーの6割近くがYahoo!やMSNの検索エンジンを併用」,米調査
米Microsoft,同社開発の検索サービス「MSN Search」を正式に開始
「検索エンジンの人気トップは依然Google,ただしYahoo!とMSNも善戦」,米調査
米Ask Jeeves,検索エンジンにパーソナライズ機能などを追加
「競争が激化する検索市場,米MSと米Yahoo!の攻勢で米Googleの将来にかげり」,米Forresterの調査

[発表資料へ]