PR

 米Hewlett-Packard(HP)が,サーバーおよびストレージ製品に回転速度1万rpmの2.5インチ型ハード・ディスク装置(HDD)を搭載していく方針を米国時間4月27日に発表した。HP社によると,富士通,日立製作所の米国法人Hitachi Global Storage Technologies(Hitachi GST),米Seagate Technologyが賛同しているという。

 HP社は,Serial Attached SCSI(SAS)インタフェース対応のスモール・フォーム・ファクタ(SFF)2.5インチ型HDDを,サーバー製品や,エントリ・レベルのストレージ製品「HP StorageWorks Modular Smart Array」に搭載する。

 記憶容量は36G~73Gバイト。「従来のHDDよりも性能が高く,サーバー/ストレージを高い密度で配置できる。発熱が少なく,総所有コスト(TCO)も下がる。オンライン取り引き処理など,性能を重視する用途に最も適している」(HP社)

 同HDDは,「HP ProLiant」には2005年なかごろ,「HP BladeSystem」「HP Integrity」や「HP StorageWorks」には2006年に搭載する。

 またHP社は同日,回転速度1万5000rpmのSASインタフェース対応3.5インチ型HDDについて,サーバー/ストレージ製品向けの出荷を増やす計画を明らかにした。「最高の処理性能を必要とする分野が対象」(HP社)と説明する。記憶容量は最大147Gバイト。

◎関連記事
日立の米国法人,垂直磁気記録で記録密度230Gビット/平方インチのHDDを開発
米Hitachi GST, 300Gバイトの3.5インチ型HDDを発表,回転速度は1万rpm
米Seagate,企業向け2.5インチ型HDD「Savvio」を発表
米Hitachi Global Storage Technologies,Serial Attached SCSIで3Gビット/秒のデータ転送に成功
富士通米法人の2.5インチ型Serial Attached SCSI対応HDD,米HPが導入試験を実施
米Adaptec,Serial Attached SCSIソリューションで富士通,日立,米Maxtor,米Seagateと提携
「2005年のHDD出荷台数は24%増の見込み,今後は1.8インチ以下が急成長」,米調査
ハードディスク50年目の大変革――記録方式の転換や小型化で新展開

[発表資料へ]