PR

 AeA(米国電子協会)は米国時間4月26日,米国ハイテク業界における2004年の雇用動向について調査した結果を発表した。それによると,同業界では2004年に2万5000人が失業し,就労者数は560万人に減少した。ただし失業者の数は,2003年(33万3000人)および20002年(61万2000人)と比べて大幅に縮小している。

 分野別にみると,エレクトロニクス製造は2003~2004年にかけて3万1900人が失業した。そのうち最も失業者数が多かったカテゴリは,「パソコンおよび周辺装置」の1万1900人と「電子部品」の5500人だった。通信サービスは5万4000人の失業。一方で,ソフトウエア・サービスの雇用は3万300人増加し,設計/技術サービスは3万人増えた。

 AeAの会長兼CEOを務めるWilliam T. Archey氏は「ハイテク業界は危機を脱する方向に向かっている」と説明する。「2000年以来初めて,ソフトウエアと設計/技術の両サービスが雇用増に転じた。いずれも2004年に新規雇用が3万人を超えており,ハイテク業界が民間職の平均給与よりも84%高いことを考えると,これは明るいニュースだ」(同氏)

 その他の主な調査結果は以下のとおり。

・2004年のハイテク業界に対する米国のベンチャ・キャピタル投資額は,前年比10%増の118億ドル

・2004年における米国のハイテク輸出額は前年比12%増の1910億ドル。米国の総輸出額に対する割合は23%

■2004年の米国ハイテク業界における分野別雇用動向
------------------------------------------------------------------------------
カテゴリ                 2003年         2004年      増減率         増減数
------------------------------------------------------------------------------
エレクトロニクス製造   1,366,000     1,334,000    -2.3%        -32,000
通信サービス           1,482,000      1,428,000     -3.6%         -54,000
ソフトウエア・サービス 1,345,000      1,375,000     +2.3%         +30,000
設計/技術サービス     1,392,000     1,423,000    +2.2%        +30,000
 
合計                  5,585,000     5,559,000    -0.5%        -25,000
------------------------------------------------------------------------------
注:データは概数
出典:AeA

◎関連記事
「中小企業の62%が景気回復を実感,49%が従業員を増強あるいは維持」,米HP調査 
「IT企業で従業員の士気低下が深刻化,長引く不景気が原因」,米META Groupの調査
「2004年の米国技術者と管理者の年収は平均9万6400ドル,前年比8.4%増」,米誌の調査
「2002年の米ハイテク業界は54万人が失業,しかし2003年は縮小に歯止めがかかる」,米調査
「2003年のIT業界の人材需要は軟調,海外へのアウトソーシングが進む」と米調査
「米国就業者の約7割がオフショア・アウトソーシングによる失業を心配せず」,米調査 
ITプロフェッショナルの給与,基本給は上昇したものの年収は減少――米誌調査
最悪の状態は脱出?米ハイテク業界における2002年前半の失業は11万3000人

[発表資料へ]