PR

 インターネット広告の標準策定団体であるInteractive Advertising Bureau(IAB)と米PricewaterhouseCoopers(PwC)が,2004年の米国におけるオンライン広告市場に関する調査結果を米国時間4月28日に発表した。それによれば,2004年のオンライン広告の売上高は前年比33%増の96億ドルとなり,これまでの最高記録だった2000年の売上高を20%近く上回る規模に達した。また,同年第4四半期の売上高は26億9000万ドルで過去最高となった。

 オンライン広告を形態別でみると,検索,案内広告,ディスプレイ,リッチメディア広告が引き続き堅調な伸びを示した。消費者向けの広告は,同年年間の売上高の49%を占めた。前年は37%だった。広告の内容は,小売り,自動車,レジャー,エンタテイメントなどを宣伝するものだった。次いでコンピューティングが18%,金融サービスが17%で続いた。通信と製薬/ヘルスケアがそれぞれ4%と6%だった。

 IAB社社長兼CEOのGreg Stuart氏は,「インタラクティブ広告は,明らかに主流の媒体となっており,さまざまな媒体を組み合わせるマーケティングの重要な一部としてもはや無視できない存在となった。インタラクティブ広告は,消費者向け雑誌に掲載される広告の売上高を上回る勢いを示している」とコメントしている。

■オンライン広告のカテゴリ別シェア(支出ベース)
--------------------------------------------------------------------
                                  2004年        2003年
--------------------------------------------------------------------
消費者向け                         49%           37%
コンピューティング                 18%           20%
金融サービス                       17%           12%
製薬/ヘルスケア                    6%            4%
通信                                4%            4%
--------------------------------------------------------------------
出典:IAB 

■2004年オンライン広告収入における,価格モデルの割合
--------------------------------------------------------------------
                                             2004年    2003年
--------------------------------------------------------------------
CPM/インプレッション                           42%     43% 
パフォーマンス・ベース                          41%     37% 
ハイブリッド                                    17%     20% 
-------------------------------------------------------------------
出典:IAB
◎関連記事
米DoubleClickを投資会社の米Hellman & Friedmanが約11億ドルで買収
米Yahoo!傘下の米Overture,MSNへの有料広告検索サービス提供契約を1年間延長
「2004年Q3のオンライン広告市場は前期比2.4%増,初期段階を脱して安定期へ」,米調査
「2009年のオンライン広告市場は現在の約2.4倍に拡大」,米JupiterResearchの調査

発表資料へ