PR

 米AMR Researchが,ERPベンダーに関する調査結果を米国時間5月5日に発表した。それによると,IT支出全体に対する大手ERPベンダー各社の売上高ベースのシェアは,2005年も拡大し続ける可能性が高い。その一方でERPベンダーの統合が進み,ドイツSAPと米Oracleに対抗できるベンダーは少なくなるという。

 AMR社によると,1999年時点で“JBOPS”と呼ばれていた米J.D. Edwards,オランダBaan,Oracle社,米PeopleSoft,SAP社の大手5社による市場シェアは59%だった。2005年になると,大手5社(SAP社,Oracle社,英Sage Group,米Microsoft,米SSA Global Technologies)の市場シェアは74%に上昇した。

 特にSAP社とOracle社は圧倒的であり,あらゆる分野,地域,顧客企業の規模,製品カテゴリで中心的な存在になるという。「2005年におけるSAP社の売上高ベースの市場シェアは43%で,引き続きトップを保つ。Oracle社の市場シェアは19%で,2004年のOracle社とPeopleSoft社の合計売上高から若干縮小した」(AMR社)

 そのほかの主な調査結果は以下の通り。

・2004年におけるERPベンダーの総売上高は前年比14%増で,ライセンス収入は前年に比べ16%増えた。ただしAMR社は「増加分のうち,約3分の1は為替レートの影響で増えた」とみる

・今後ERPベンダーは,金融/保険/小売りなどの新しい業界と,ブラジル/インド/中国のような新興国,中小企業といった分野で顧客を獲得するようになる

・アジア太平洋地域と欧州市場の一部分野でIT支出とERP投資が急拡大する

◎関連記事
「2005年世界IT支出の増加は減速,中国,インド,ロシアが大きく成長」,米IDC
「小企業は技術導入に積極的,81%技術関連支出を増額予定」,米HP
「企業幹部はIT部門への投資効果に疑問」,米A.T. Kearneyの調査
独SAP,米PeopleSoft製品向けに包括的なサービスを提供するプログラムを発表
米Oracle,米PeopleSoft統合にともなう製品ロードマップを明らかに
米Microsoft,米PeopleSoft製品からの移行を促進するディスカウント・プログラムを発表
「2005年は『再編成』の年に」,米IDCが来年のIT市場を予測
「米Microsoftと独SAPの間に合併計画の協議があった」,両社が特例で発表

[発表資料へ]