PR

 オープンソース団体Apache Software Foundation(ASF)はJava 2 Standard Edition(J2SE)のオープンソース版開発を提案した。同団体のGeir Magnusson Jr.氏が米国時間5月6日,Incubator PMCメンバーに向けたメーリング・リストで「Harmony」プロジェクトについて明らかにしたもの。

 同プロジェクトの目的は,J2SE 5の独立したインプリメンテーションを作成し,Apache License v2のもとで利用可能にすること。コミュニティが開発するランタイム・モジュール(仮想マシンやクラス・ライブラリ)によって,ランタイム・コンポーネントを共有できるようにする。そのほか,モジュールの相互操作性を確保するテスト・スイートも開発する。

 同プロジェクトの基本構造のブループリントはWebサイトで確認できる。

 「J2SEランタイム・プラットフォームのオープンソース版は明確なニーズがあり,現在,KaffeやClasspathなど多数の開発作業が進行している。また,GCJやIKVMのように,Javaバイトコードを実行する手段を提供するための取り組みも行われている。これらは健康的で多様な手法を可能にするが,数々の障壁が存在し,より優れた能力の発揮を妨げている」(Magnusson Jr.氏)

 なお米メディアの報道(internetnews.com)によると,米Sun MicrosystemsはHarmonyプロジェクトを歓迎しており,「何らかのかたちで参加するかもしれない」(Sun社Java Software担当技術責任者のGraham Hamilton氏)と述べている。

◎関連記事
米Sun,Javaの新版「J2SE 5.0」を一般公開,生産性や性能を改善
米Sun,開発中の「J2SE」次版のソース・コードを公開
生まれ変わろうとする米Sun,ビジネス・モデルの再構築は成功するか
「本当にオープン?」,米Sunの特許無償提供に民間団体が「不明瞭」と異義
「オープンソースに学ぶべき点はコミュニティ」ム―米Microsoft Linux/OSS戦略担当 Bill Hilf氏
米Sunが「OpenSolaris」コミュニティの諮問委員5人を指名,Apache Software FoundationのRoy Fielding氏など
米Intel,同社のオープンソース・ライセンスをOSI認定から除外するよう提案
オープンソース団体OSIが新ライセンス規定を提案,「重複せず,理解しやすく,再利用可能に」

[ASFのメーリング・リスト]