PR

 米Novellは,同社EMEA(欧州/中東/アフリカ)事業プレジデントのRichard Seibt氏が辞任したことを米国時間5月9日に発表した。同氏は,元ドイツSUSE LINUXの社長で,Novell社が2004年1月にSUSE LINUX社を買収した際にNovell社に入社した。

 「Seibt氏の当社に対する貢献,特にSUSE LINUX社の統合と移管に尽力してくれたことに感謝する」(Novell社会長兼CEOのJack Messman氏)

 Seibt氏の後任には,Worldwide Field Operations部門プレジデントのRon Hovsepian氏が就く。米メディアの報道(internetnews.com)によると,Hovsepian氏は,昨年,北米地域の販売およびコンサルティング部門の変換を指揮し,わずか1週間前に現職に任命されたばかりだった。

◎関連記事
米CA,Unicenter事業部門のSVPに元米NovellのCTOを任命
米Novell,中国のLinux普及促進で地元システム・ソフト会社と提携
米Red Hatと米IBM,欧州/ロシアでLinux対応ISV向け支援活動を展開
「ドイツの鉄道会社Deutsche BahnがLinuxへ移行」,米IBM
ドイツのミュンヘン市,1万4000台のLinux移行プロジェクトでDebian GNU/Linux採用を公表
中国のLinux大手Red Flagがオープンソース推進団体OSDLに参加
中国情報産業部と米Freescale,Linux製品の評価システムを開発する研究所設立へ
米Microsoft,5億3600万ドルで米Novellと和解

[発表資料へ]