PR

 欧州におけるMozilla社製品の普及促進を目的とした非営利団体Mozilla Europeは,同団体の共同設立者であるTristan Nitot氏とPeter Van der Beken氏がフルタイムで活動に従事することを現地時間5月9日に発表した。

 両者は,Mozilla Europeのマーケティングと技術部門においてそれぞれリーダー的な役割りを果たし,欧州においてMozilla製品の普及を促進するとともに,開発コミュニティを支援する。

 SpreadFirefoxによれば,2004年11月9日に正式公開されたオープンソースWebブラウザMozilla Firefoxは4月29日に5000万件のダウンロードを達成している。公開から約32日後の12月12日にダウンロード件数が1000万件を超え,2005年2月16日には2500万ダウンロードを達成していた。

 また米Janco Associatesは米国時間4月26日,2005年第2四半期のブラウザ市場でFirefoxが市場シェア10%以上を獲得したとの調査結果を公表している。

 Nitot氏は,Netscape社に勤務している時からMozillaのコントリビュータとして活躍。業界のカンファレンスで頻繁に発言をするとともに,Webスタンダードとインターネット技術についてフランス語で書いたブログを公開している。一方,Van der Beken氏は,Mozilla開発者のひとりであり,Netscape社に採用される以前はボランティアとしてMozillaに参加していた。

◎関連記事
Firefoxの累計ダウンロード数が公開から約半年で5000万件に
「Firefoxの市場シェアが10%を超え,Netscapeは衰退」,米調査より
米MozillaのWebブラウザ「Firefox」,ドイツの新聞に全面広告
米Mozilla Foundation,セキュリティ対策版の「Firefox 1.0.3」「Mozilla 1.7.7」を公開

発表資料へ