PR

 米Yahoo!は,新しい有料音楽配信サービス「Yahoo! Music Unlimited」のベータ版の提供を米国時間5月11日に開始する。同社が5月10日に明らかにした。利用料金は月額6.99ドル,年間契約の場合には月額4.99ドルになる。

 同サービスでは,100万曲を超える音楽カタログが用意され,ユーザーはパソコンとともに携帯デバイスに転送して楽曲を楽しむことができる。また,インスタント・メッセージング(IM)クライアント「Yahoo! Messenger」を使って友人が購読している音楽コレクションやプレイリストの閲覧や再生が可能になり,友人と音楽を共有できるようになった。

 同サービスは,WMA形式と米Microsoftのデジタル著作権管理技術「Windows Media Digital Rights Management 10(WM DRM 10)」を採用している。サービスには,音楽を管理する無料のアプリケーション「Yahoo! Music Engine」を通じてインターネットに接続したどのコンピュータからもアクセスできる。同ソフトは,楽曲のリッピング,ミックス,CDへの書き込み,インポート,携帯デバイスへの転送,楽曲のダウンロード購入,ラジオの視聴といった機能も提供する。

 楽曲を購入するダウンロード・ストアでは,通常1曲につき99セントのところ,Yahoo! Music Unlimitedの利用者は79セントで購入できる。購入した楽曲は,CDに書き込んだり,複数の携帯デバイス,および最大5台のパソコン上で再生できる。

 Yahoo! Musicでは,引き続き米Musicmatchの「Jukebox 10」と「On Demand」サービスも提供する。同社は,On Demandの価格を同日から月額6.99ドル,3ヶ月契約の場合が月額5.99ドル,年間契約の場合が月額4.99ドルに引き下げることを明らかにしている。

 Yahoo! Music Unlimitedは,Yahoo! Music Engineからアクセス可能。Yahoo! Music Engineは,無償にて同社Webサイトからダウンロードできる。同社は,同サービスを7日間無料で利用できる試用期間を用意している。

◎関連記事
米Yahoo!が音楽配信の米Musicmatchを買収「音楽市場に真っ向から取り組む」
松下の米国法人,米Musicmatchと「Musicmatch Jukebox」に関してライセンス契約
米Yahoo!がパーソナル化検索サービスの改良版「My Web」を提供,情報共有も可能に
米Yahoo!がギフト紹介サービス「Gift Finder」ベータ版を開始,米ChoiceStreamの技術を採用

発表資料へ