PR

 米IBMは,オープンソース・アプリケーション向けソフトウエアおよびサービス・プロバイダの米Gluecode Softwareを買収したことを,米国時間5月10日に発表した。買収金額などの詳細については明らかにしていない。

 Gluecode社はカリフォルニア州エルセグンドに拠点を置く未公開企業。Apache Geronimoアプリケーション・サーバーをベースにした同社のソフトウエアと関連サポート・サービスは,従来の商用ソフトウエア製品に代わる手段を企業に提供する。

 IBM社は,Apache Geronimoプロジェクトに積極的に取り組んでいく意向である。同プロジェクトを推進する開発者コミュニティを拡大するほか,Gluecode社が開発したソフトウエア機能を同プロジェクトに提供する。また,Apache Geronimoオープンソース・コミュニティにソフトウエアを提供し,Apache Geronimo対応アプリケーションの開発,デバッグ,実装に,Eclipse開発ツールを利用できるようにする。

 IBM社の顧客およびビジネス・パートナは,Gluecode社のアプリケーション・サーバー・ソフトウエアをダウンロード入手できるようになる。開発と実装は無償。必要であれば,サポート・サービスをIBM社から有償で購入する。

 なお,Gluecode社の業務はIBM社Software Group部門に統合される。

◎関連記事
オープンソースのアプリケーション・サーバー「JOnAS」がJ2EE 1.4認定獲得
「当社のJavaアプリ・サーバーはプロプライエタリ製品より支持されている」,米JBossが調査結果を引用
米BEA,Javaアプリケーション・サーバーの最新版,コード名「Diablo」を発表
「Eclipseの利用が拡大,北米では最もよく利用されるJava開発ツールに」,米調査
Apacheがオープンソース版J2SEの開発プロジェクト「Harmony」を提案
「オープンソースに学ぶべき点はコミュニティ」ム―米Microsoft Linux/OSS戦略担当 Bill Hilf氏
米Oracle,Eclipse内でEJB 3.0対応ORMツールの開発を主導
米Sunが「Solaris 10」をオープンソース化,関連特許1600件も無償提供

[発表資料へ]