PR

 Web関連技術の標準化を進めるWorld Wide Web Consortium(W3C)は,モバイル機器からのWebアクセスを行いやすくするための取り組み「Mobile Web Initiative(MWI)」を開始する。W3Cが5月11日に明らかにしたもの。

 モバイル機器によるWebアクセスについて,W3CディレクタのTim Berners-Lee氏は「長いあいだ補助的なものとされてきた」と述べる。「MWIはモバイル機器を主要Webアクセス手段とみている。モバイルWebを快適にするために,開発者を支援する情報を提供する」(同氏)

 当初MWIは,ベスト・プラクティスとモバイル機器属性記述という2つの分野に絞って作業を進める。前者については「Mobile Web Best Practices Working Group」が,後者については「Device Description Working Group」が検討する。両ワーキング・グループの活動内容は以下の通り。

・Mobile Web Best Practices Working Group:
 Web制作時のガイドライン,チェックリスト,ベスト・プラクティスを策定し,モバイル機器上でうまく動作するWebコンテンツの開発に取り組むコンテンツ・プロバイダを支援する

・Device Description Working Group:
 コンテンツ制作者が特定デバイスにコンテンツを適合させる際に役立つ,機器属性記述データベースを開発する

 モバイル機器の利用については,Open Mobile Alliance(OMA)やThird Generation Partnership Project(3GPP)といった団体も検討を行っている。W3Cは「こうした関連組織と協調して活動する」としている。

 MWIに対し,フランスFrance Telecom,米Hewlett-Packard(HP),アイルランドMobileAware,アイルランドSegala M Test,英Vodafone,英Volantisが参加を表明した。

◎関連記事
W3Cが「モバイルWebイニシアティブ」を開催,携帯機器のインターネット利用簡素化を検討
W3CとOMA,モバイル機器向けWebアクセス仕様の策定作業で連携
「米国世帯で進む携帯電話利用,4台以上所有世帯は前年比57%増」,米調査
「2004年世界携帯電話販売台数は前年比30%増,首位はNokiaが維持」,米Gartner調査
「米国2.5/3Gモバイル・データ・サービス市場,2006年には約15億ドル規模に」,米調査
「米国の携帯電話向け画像コンテンツ市場,2008年には11億ドル規模に」,米IDCの調査
「音声通話以外の携帯向けサービスは今後大きく成長,13~20才がけん引」,米調査
「2005年には携帯電話ユーザーの41%が無線データ・サービスを頻繁に利用」,米調査

[発表資料へ]