PR

 米Microsoftのインターネット事業MSNは,アラート自動配信/メッセージング/RSS技術を手がける米MessageCastを買収した。Microsoft社が米国時間5月11日に明らかにしたもの。買収金額など詳しい取引条件については伝えていない。

 MSNは,MessageCast社の技術をアラート・サービス「MSN Alerts」で利用している。MSN Alertsは,ニュースや株価,スポーツの試合のスコアといった情報をリアルタイムに配信するサービス。MSN自身のほか,米NBCとMicrosoft社のジョイント・ベンチャである米MSNBC.comや米Fox Entertainment Group傘下の米Fox Sportsなどがコンテンツを提供する。中国語,英語,フランス語,ドイツ語,日本語,韓国語,スペイン語で利用できる。

 MSNは2003年にMessageCast社と提携し,MSN Alertsの改良などを行ってきた。「MessageCast社の技術や人的リソース,製品をMSNに取り込んでMSN Alertsを強化し,ユーザーが大切な情報や人物とタイムリにつながり続けることを手助けする」(MSNコミュニケーション・サービス&メンバー・プラットフォーム部門担当副社長のBlake Irving氏)

 MSNは「MessageCast社の既存顧客へのサポートを継続させる」としている。また買収後の移行期間中,MessageCast社CEOで共同創設者のRoyal P. Farros氏はMSN Alertsチームと緊密に協力するという。

◎関連記事
米Microsoftが「MSN Messenger 7.0」を提供開始,他のMSNサービスとの連携強化
米Microsoftと米Fox Sports,スポーツ・ポータル開設に向け提携
米新聞大手3社がニュース収集サイト米Topix.netの株式75%を取得
「2005年2月のインターネット利用時間,米国が2%減少」,米調査
「Googleユーザーの6割近くがYahoo!やMSNの検索エンジンを併用」,米調査
「検索エンジンの人気トップは依然Google,ただしYahoo!とMSNも善戦」,米調査
「検索エンジンで最も人気が高いのは『Google』,しかし広告効果は低い」,米調査
米AOL,大リーグの選手情報を試合中に通知する「MLB Player Alerts」を発表

[発表資料へ]