PR

 英Reutersは,米Time Warner傘下のAmerica Online(AOL)が運営するビデオ/オーディオ検索エンジンのSingingfishに,ビデオ・コンテンツを提供する。AOL社とReuters社が米国時間5月12日に明らかにしたもの。Reuters社のグローバル・ニュース・ネットワークで制作した数百点に及ぶニュース・クリップに,Singingfishから素早くアクセスすることができる。

 Singingfish検索エンジンは「Singingfish.com」や「AOLSearch.com」に導入されており,ニュース,金融,エンターテインメント,スポーツといったカテゴリのマルチメディア・ファイルを探して閲覧できる。コンテンツは各種フォーマットに対応し,インターネット接続したパソコンやハンドヘルド機でストリーミングあるいはダウンロードすることが可能。「1カ月当たり2億件のビデオおよびオーディオ検索を処理している」(両社)

 Reuters社のWebサイトでは,毎日250以上のビデオ・クリップが加わる。ワールド,ビジネス,ファッション,エンターテインメントといった分野のニュースをはじめ,解説,現場取材,CEOインタビューなどを提供している。

 ちなみにオンライン出版の業界団体Online Publishers Association(OPA)が実施した調査によると,オンライン・ビデオは人気が高まっているものの,最大の課題は,ユーザーが「どこで見られるのか知らない」ことだ。「簡単に見つかるなら,オンライン・ビデオを利用したい」という回答者は50%以上にのぼった。

◎関連記事
米Google,テレビ番組を検索できる「Google Video」サービスを発表
米Google,「Google Video」で一般からビデオ募集を開始
「検索エンジンの人気トップは依然Google,ただしYahoo!とMSNも善戦」,米調査
Web実態調査で,MSとYahoo!がGoogleとの差を詰める 
米国人の47%は「ネットでのニュース視聴が過去1年間で大幅に増加」
米国のニュース収集サイトを活用する
米新聞大手3社がニュース収集サイト米Topix.netの株式75%を取得

[発表資料へ]