PR

 米Sun Microsystemsは,オープンソースのJava統合開発環境(IDE)「NetBeans 4.1 Integrated Development Environment(IDE)」の提供を開始した。Sun社が米国時間5月16日に明らかにしたもの。同社のWebサイトから無償でダウンロードできる。

 NetBeans 4.1 IDEを使用すると,Java 2 Standard Edition(J2SE)5.0,Java 2 Enterprise Edition(J2EE 1.4),Java 2 Micro Edition(J2ME)2.0によるアプリケーション開発が行える。「Java WebサービスからモバイルJavaアプリケーションまで,さまざまなJava技術ベースのソリューションに対応している」(同社)

 Antベースのプロジェクト管理/構築環境を組み込んでおり,アジャイル開発プロセスに対応した生産性ツールを備える。「評判の高い高度なコード・エディタとリファクタリング機能を組み合わせることで,より正確なコードを迅速に開発できる」(同社)という。

 また,モバイル向け開発機能も強化しており,J2ME用モバイル機器向けプロファイルMobile Information Device Profile(MIDP)のドラッグ&ドロップによるオーサリング機能,エンド・ツー・エンドのアプリケーション構築に使うウィザード「Wireless Connection Wizard」を新たに導入した。

◎関連記事
米JBoss,J2EEサポートで米Sunと関係拡大
米Sun,「Java Studio Enterprise 7」と「NetBeans 4.0」のリリースを発表
「『Java System Application Server 8 PE』のダウンロードが約100万件に」,米Sun
Apacheがオープンソース版J2SEの開発プロジェクト「Harmony」を提案
Solaris 10とSun Gridに復活をかける米Sun,回復の兆しは本物か
「本当にオープン?」,米Sunの特許無償提供に民間団体が「不明瞭」と異義
生まれ変わろうとする米Sun,ビジネス・モデルの再構築は成功するか
Microsoftと和解した今こそSunはJavaをオープンソースにするべきだ

[発表資料へ]