PR

 「家族団らんで楽しむのは,もはや映画ではなくビデオ・ゲーム」。米Time Warner傘下のAmerica Online(AOL)は,米国におけるオンライン/ビデオ/携帯電話/PDAでのゲーム利用について調査した結果を米国時間5月16日に発表した。それによると,12~55才の米国消費者の46%がオンライン/ビデオ/携帯電話/PDAのゲームを利用した経験がある。また12~55才のゲーム愛好者の79%は,家族でビデオ・ゲームを楽しんでいる。

 調査は,AOL社が委託した米Schulman,Ronca,& Bucuvalas(SRBI)が,4月21日~5月1日にかけて,1005人に電話でインタビューを実施したもの。対象者の内訳は,成人(18~55才)が801人,ティーン・エイジャ(12~17才)が204人。

 かつて子供の娯楽だったゲームは,大人の世界まで浸透している。成人の39%がパソコン,コンソール,または携帯電話/PDA上で,ゲームを利用しているという。ゲームを利用する成人の10%は,自らがゲーム中毒であることを認めており,さらに27%は一晩中ゲームに熱中したことがある。

 ゲームの内容については,「暴力的な内容が多すぎる」(47%),「性的な内容が多すぎる」(40%)との懸念も挙がった。また,ビデオ・ゲームでの暴力シーンが実際の暴力増加につながっていると考える回答者は57%にのぼった。

 ゲームに熱中することで,日常生活にも変化が生じている。具体的な例としては,「お気に入りのTV番組を見損ねた」(33%),「食事を抜いた」(19%),「徹夜した」(25%)など。また,ティーン・エイジャの32%が学校で携帯電話ゲームを,成人の20%が職場で携帯電話/PDAのゲームをする。

◎関連記事
「インドでモバイル・ゲームが成長の兆し,2009年の売上高は現在の約13倍に」,米調査
「2009年の米国におけるモバイル・ゲーム・ダウンロードは,2003年の10倍以上に」,米調査
「英国のビデオ・ゲーム市場は過去6年間で100%以上拡大」,英調査
「2004年前半の米ゲーム市場,売上高は2.5%減少だが出荷台数は1%増加」,米調査
「8~34歳の米国男性は3分の1がゲーム機を所有,ゲーム内広告も効果あり」,米調査
「2010年の電子ゲーム市場,インストール・ベースは現在の5倍以上の26億台に」,米調査 
正式発表前に流出していた米Microsoftの次世代ゲーム機『Xbox 360』の情報
米Yahoo!と米O'Reilly Media,“株式”で技術トレンド予測を行うオンライン・ゲームを開始

[発表資料へ]