PR

 米Microsoftは米国時間5月17日,ホスティング・サービス・プロバイダ向け製品の最新版「Windows-based Hosting Version 3.5」を発表した。共有型のWebホスティングや,専用サーバーのホスティング・サービスを提供するプロバイダに向けた製品。Microsoft社では,「サイトの効率性と管理機能を向上して,運用コストを削減できる」としている。

 バージョン3.5では,レポートのカスタマイズ機能と運用コンソールを備えた「Microsoft Operations Manager (MOM) 2005」,ダウンロードやサーバー状況を管理できる「Windows Server Update Services (WSUS)」,セキュリティ機能を強化した「Windows Server 2003 Service Pack 1」など,同社が最近リリースした各種製品に対応する。

 また,Webサイト構築,ブログ作成,写真共有ツールなど,Windowsベースのホスティング環境向けに最適化した他社製アプリケーション・セット「Web Site Starters for Windows」を付属する。

 Microsoft社Hosting Solutions担当ジェネラル・マネージャのPascal Martin氏は,「最新版では,Webサイトの性能と拡張性を向上し,より効率的なモニター機能によって顧客サポート費を削減できるようにした」と説明する。「さらに,Windowsベースの環境で利用できる各種アプリケーションなど,新しいリソースも用意した」(同氏)

 なお米メディア(InfoWorld)によると,同製品を利用するには,Microsoft社の無料のプログラム「Windows Web Hoster Program」に参加し,同社とサービス・プロバイダ・ライセンス契約を結ぶ必要があるという。

◎関連記事
米PeopleSoft,中堅市場向けホスティング・サービスを発表
「小企業のサイト開設が急増,Webホスティング支出は年平均9.5%で増加」,米調
「2004年末までに小規模企業の70%がWWWサイトを所有」,米Yahoo!など調査
米Yahoo!,「Yahoo! Local」で小企業向け無償Webサイト・ホスティングを提供
ホスティングとセキュリティ運用をより安価に,サヴィスが新サービスを4月にも
「2006年の米国WWWホスティング市場は2001年の4倍強に拡大」,米IDCの調査
「WWWホスティングのアウトソースで1200万ドルの経費節減」と米ジュピター
「米国のEC中小企業の68%が『2005年は事業拡大の年』」,米調査 

[発表資料へ]