PR

 米America Online(AOL)傘下の米Netscape Communicationsは,Webブラウザ「Netscape 8.0」の正式版を公開した。Netscape社が米国時間5月19日に明らかにしたもの。フィッシングやウイルスなどに対抗するセキュリティ機能を備えた点が特徴。同社のWebサイトから無償でダウンロードできる。

 同ブラウザは,米Mozilla FoundationのオープンソースWebブラウザ「Firefox 1.0.3」をベースにしているという。Webページを描画するためのレンダリング・エンジンは,FirefoxとInternet Explorer(IE)を自動的に切り替えて使用する。「(描画)互換性の維持と,安全性の確保を両立させた」(Netscape社)

 ユーザーがWebサイトにアクセスすると,同ブラウザは危険なWebサイトを掲載したブラック・リストと安全なWebサイトを掲載したホワイト・リストを参照し,必要に応じてセキュリティ設定やレンダリング・エンジンを自動調整する。ブラック・リストはウイルス,フィッシング,スパイウエアなどの疑いがあるWebサイトを掲載し,情報を常時更新している。ホワイト・リストには,米VeriSignとプライバシ保護に取り組む非営利TRUSTeから認定を受けた15万件以上のWebサイトをリストアップした。

 いずれのリストにも掲載されていないWebサイトにアクセスしようとすると,Firefoxと同様の動作をする。ただし,多くのWebサイトはIE向けに最適化されており,Firefoxをレンダリング・エンジンとして使用すると正しく表示できないことがあるという。そうした場合には,IEを使うようワン・クリックで切り替えられる。Webサイトとレンダリング・エンジンの組み合わせはNetscapeが記憶するので,切り替え操作は一度行うだけで済む。

 そのほかに,タブ・ブラウジング,RSSフィード読み取り,複数Webメール・アカウント対応,フォーム自動入力,パスワード管理といった機能を備える。

◎関連記事
米Netscape,Webブラウザ「Netscape 8.0」のベータ版を一般公開
「『IE 7』でタブ付きブラウジング機能搭載」,製品マネージャがブログで発表
「Firefoxの市場シェアが10%を超え,Netscapeは衰退」,米調査より
ノルウェーOpera Software,Webブラウザ「Opera 8.0」の正式版を公開
「FirefoxとThunderbirdの企業への導入が始まった」――Mozilla Party JP 6.0より
米AOLが新Webブラウザ「AOL Browser」のベータ版を公開,デスクトップ検索機能を搭載
さらば巨大ブラウザ――Netscapeの失敗が生んだFirefoxの挑戦
IEを使い続けるリスクを再認識しよう

[発表資料へ]