PR

 米Googleは,ホームページをカスタマイズする「Personalize Your Homepage」機能の提供を開始した。ユーザーは,同社が提供する各種サービスに一元的にアクセス可能なポータル・サイトを設定できる。

 同機能を利用するには,Googleアカウントを登録する必要がある(アカウント登録ページ)。

 ユーザーは,同機能を使って,インターネット・メール・サービス「Gmail」やニュース収集サービス「Google News」をはじめ,ニュース,天気予報,株式情報,道路情報などから,ホームページにまとめたいサービスを選択できる。表示するメール・メッセージ件数(Gmail)や,ニュース記事の本数(Google News,New York Timesなど),地域の郵便コード(天気予報,道路情報など)の詳細設定も可能。

 また,同社は米国時間5月19日に,同社経営者や部門責任者などが出席するイベント「Factory Tour」を開催した。米メディアの報道(internetnews.com)によると,「事業の全容を非公式に語る」とされる同イベントには約200人が参加したが,特に新しい情報はなかったという。なお,同社の総売上高のうち,約80%を広告収入が占めている。

◎関連記事
米Googleが企業向けデスクトップ検索アプリを公開,RSS/Atomフィードへの広告挿入サービスも
米Google,ニュース収集サイト「Google News」にカスタマイズ機能を追加
米Googleが「Gmail」の容量を2Gバイトに倍増,リッチ・テキストにも対応
米Googleはなぜメール・サービスを始めるのか?
米Google,新たな地域検索サービス「Google Maps」のベータ版開設
米Yahoo!がパーソナル化検索サービスの改良版「My Web」を提供,情報共有も可能に
打倒米Googleなるか? 米Yahoo!が新検索ツール「Y!Q」ベータ版提供
米Microsoft,同社開発の検索サービス「MSN Search」を正式に開始

[Google Labs]