PR

 米Symantecと米VERITAS Softwareは米国時間5月19日,両社の合併に関して米証券取引委員会(SEC)がForm S-4に基づく登録届出書と株主総会召集通知書が有効であると宣言したことを明らかにした。

 これを受け,両社は株主から合併に対する承認を取り付けるために,それぞれ6月24日に特別株主総会を開催する。5月12日現在の両社株式の保有者には,株主総会召集通知書と趣旨書が郵送される。

 両社の合併は,両社の特別株主総会において株主からの承認を得た後に,その他の手続きを経て完了する。

 Symantec社はVERITAS社を約135億ドルで買収することを前年12月15日に発表した。合併後の新会社は,Symantec社の名称をそのまま引き継ぎ,Symantec社の会長兼CEOであるJohn W. Thompson氏が新会社の会長兼CEOに就任する。副会長兼社長職は,現VERITAS社会長兼社長およびCEOのGary L. Bloom氏が就く。取締役会は,Symantec社から6人,VERITAS社から4人の計10人で構成される。

◎関連記事
米Symantecと米VERITAS,合併にともなう業務統合の管理チームを結成
米Symantecと米VERITAS,合併を正式発表
米Symantec,約135億ドルで米VERITASを買収
米シマンテック幹部が明かす、ベリタス買収の理由

発表資料へ