PR

 米Broadcomは米国時間5月18日に,有線/無線通信技術とマルチメディア処理技術に関する特許10件が侵害されたとして,米QUALCOMMをカリフォルニア州中部地区連邦地方裁判所に提訴した。Broadcom社が5月19日に明らかにしたもの。損害賠償の支払いと,製品製造/販売の差し止めを求めた。

 Broadcom社は,「QUALCOMM社が,マルチメディア/コンバージェンス用各種チップや携帯電話機向けVoIP技術QChatなど,ベースバンドおよび無線IC製品で当社の特許を侵害した」と主張する。

 さらにBroadcom社は5月19日,米国際貿易委員会(ITC:International Trade Commission)に対し,「QUALCOMM社が,当社の特許5件を侵害しているICやその他製品を輸入するという不公正な貿易を行った」と訴えた。ITCに調査の実行と,該当製品の輸入禁止命令および販売禁止命令の発行を要求している。

◎関連記事
米QUALCOMM,Push-to-Talk技術の「QChat」をデモ
「米国の携帯電話向け商用ビデオ配信サービス,2009年には3000万人が視聴」,米調査
「PTT/PoC市場はゆっくりと拡大,2009年末には加入者数3360万人に」,米調査
「VoIP向けIC市場,携帯電話機の売り上げで2008年までに急成長」米In-Stat
「音声通話以外の携帯向けサービスは今後大きく成長,13~20才がけん引」,米調査
「携帯電話利用者の半数以上がTV付き携帯電話に興味なし」,米Lyra Researchの調査
「2005年には携帯電話ユーザーの41%が無線データ・サービスを頻繁に利用」,米調査
「消費者が次の携帯電話機で最も重視する機能は画像メッセージングとPush-to-Talk」,米調査

[発表資料へ]