PR

 米Hewlett-Packard(HP)が,中小企業(SMB)向け支援策「Smart Office」の一環として,セキュリティ対策強化に向けたソリューション「HP Business Protection」を米国時間5月19日に発表した。

 Smart Officeは,サポート・サービスや製品などを組み合わせて提供するSMB向けの取り組み。HP Business Protectionでは,(1)セキュリティ対策,(2)データ保護,(3)ビジネス・クリティカル分野の可用性についてソリューションを提供する。各ソリューションの概要は以下の通り。

・セキュリティ対策:
 ウイルス,スパイウエア,スパム,不正侵入といった脅威からITシステムを守るツールなどを提供する

・データ保護:
 バックアップや分散システムなどでデータを守り,障害時に迅速な復旧を可能とするツールなど提供する

・ビジネス・クリティカル分野の可用性:
 停電,洪水,土砂崩れ,台風,竜巻などの緊急時にも,ITシステムを停止せず動かし続けるための製品/サービスを提供する

 具体的には,パソコン向けセキュリティ対策/データ保護サービス「HP Smart Desktop Management Service」,セキュリティ情報Webサイト「SMB Security Solution Center」,各種ストレージおよびサーバー製品を用意する。

 HP社SMB担当上級副社長兼ジェネラル・マネージャのKevin Gilroy氏は,「セキュリティ危機やITの脅威,災害に直面した後で小さな企業が生き残れるかどうかは,どれだけ迅速に復旧できるかにかかっている」と述べる。「事業環境のデータに対する依存度はますます高くなり,業務再開にあたってITの備えが大きな比重を占めている。HP Business Protectionは,SMBがこうした問題に立ち向かう際の作業を省力化する」(同氏)

◎関連記事
「中小企業の62%が景気回復を実感,49%が従業員を増強あるいは維持」,米HP調査
「小企業は技術導入に積極的,81%技術関連支出を増額予定」,米HP
米HPが中小企業向けの新製品やサービスを発表,独SAPや米Intuitと提携
米HP,中小企業向け支援策「Smart Office」に7億5000万ドルを投入
「中小企業はマーケティング手段として従来メディアよりもオンラインを重視」,米調査
「中小企業の2/3は,Webサイトによる売上高への影響を実感」,米調査
「中堅企業のIT支出,戦略との関わりが重要」,米Gartner調査
本当に中堅・中小企業のニーズを考えていますか?

[発表資料へ]