PR

 米Gatewayは米国時間5月19日,同社の創設者兼会長であるTed Waitt氏が,同日開かれる年次株主総会をもって取締役会から退くことを発表した。同氏は「辞任後は,別の事業や慈善活動に尽力したい」としている。

 「今年は,Gateway社の会長に就任してから20年目にあたる。この間に,世界各地で知られたベスト・ブランドの1つを作り上げた。現在,私はさまざまなものに興味があり,今後の20年間は新たな課題に取り組みたい」(同氏)

 なお,同社取締役会は,後任に元社長のRichard D. Snyder氏を選出した。Snyder氏は現在,米ArdestaのCEOを務めている。1991年にGateway社のエグゼクティブ・バイス・プレジデントに就任し,Waitt氏とともにGateway社のIPO(株式公開)を先導した。1996年に社長兼COOに就き,翌年退社した。

 Waitt氏は今後,民間共同投資会社である米Avalon Capital Groupの経営に引き続き関与するほか,自らが議長を務める非営利団体「Waitt Institute for Historical Discovery」「Waitt Institute for Violence Prevention」「Waitt Institute for Scientific Breakthroughs」の活動などに専念するという。

◎関連記事
米Microsoft,1億5000万ドル支払いで米Gatewayと和解
米Gateway,薄型/軽量とデスク・ノート型のノートPCを5モデル発表
米Gateway,音楽と写真を持ち歩けるカラー画面のメディア・プレーヤ
米Gateway,2004年Q3業績予測のアップデートを発表
米MicrosoftのCFOのJohn G. Connors氏,3月末日で退任していた
米Motorola,会長兼CEOのGalvin氏が退任へ
米HP会長兼CEOのFiorina氏が辞任,「戦略の実行方針で役員会と対立」
「米国のIT需要動向,パソコン分野は米Dellが圧倒的に優勢」,米調査

[発表資料へ]