PR

 米Apple Computerのノート・パソコンに使われている充電式バッテリで不具合が発生する問題が見つかった。米消費者製品安全委員会(CPSC)が米国時間5月20日に明らかにしたもの。Apple社は該当製品の自主回収を行う。

 対象となるノート・パソコンは,2004年10月~2005年5月に各チャネル(リセラー,カタログ,オンライン・ストア,販売店)で販売された「iBook G4」および「PowerBook G4」で,韓国LG Chem製リチウム・イオン・バッテリを搭載したモデル。内部ショートが原因で,電池が加熱し,火傷する恐れがあるという。

 これまでのところ,Apple社に寄せられたバッテリ加熱の報告件数は世界で6件(うち2件は米国)である。CPSCは,該当するバッテリを使っているユーザーに対し,すぐに利用を中止してApple社に連絡し,無償交換を受けるよう呼びかけている。

 具体的なモデルと,該当するバッテリのシリアル番号は以下の通り。

・12インチiBook G4(A1061) バッテリ:HQ441~HQ507
・12インチPowerBook G4(A1079) バッテリ:3X446~3X510
・15インチPowerBook G4(A1078) バッテリ:3X446~3X509

◎関連記事
米Apple,「PowerBook G4」と「iBook G4」の新モデルを発表
米Apple,PowerBook G4の15インチ・モデルに付属するバッテリをリコール
2005年Q1の世界PC出荷台数は10.3%増,不調の米国で米Appleが大健闘
「2005年の世界パソコン出荷台数は前年比9.7%増」,米IDCが予測を下方修正
「2005年パソコン出荷台数の伸びは前年比9%に留まる」,米Gartnerが予測
「2010年の世界PC台数は現在の約2倍に,新興市場の増加が顕著」,米調査
Dellが再びNo.1のPCメーカーに
「2007年までにPCメーカー上位10社のうち3社が撤退」,米Gartnerが予測

[発表資料へ]