PR

 XML関連の標準化団体Organization for the Advancement of Structured Information Standards(OASIS)のメンバーは,XMLベースのファイル形式「Open Document Format for Office Applications(OpenDocument)1.0」をOASIS標準(OASIS Standard)として承認した。OASISが米国時間5月23日に明らかにしたもの。

 OpenDocumentはロイヤリティ・フリーの仕様で,テキスト,スプレッドシート,チャート,グラフィカル文書向けに,単一のXMLスキーマを用いる。HTML,SVG,XSL,SMIL,XLink,XForms,MathML,Dublin Coreといった既存の標準規格をサポートする。

 OASISでOpenDocumentに取り組む技術委員会(TC:Technical Committee)は,今後もOpenDocumentの拡張を図り,オフィス・アプリケーションで進められている開発に対応させるとしている。

 なお,米IBMや米Sun Microsystemsが,OpenDocumentの支持を表明しているという。Sun社のオフィス・スイート「StarOffice 8」では,「OpenDocumentをデフォルトのファイル形式として採用する」(Sun社テクノロジ担当ディレクタのTim Bray氏)。

◎関連記事
OpenOffice.orgとStarSuiteはMS Officeを代替できるか
米Sun,「Solaris 10」のセキュリティ強化と「StarOffice 8」ベータ版提供を発表
米Sunのオフィス・スイート「StarOffice」の販売数がドイツで100万本を突破
米Franklinが米Sunにスペル・チェック技術などをライセンス供与、「StarOffice」へ採用へ
次期MS Officeは「大量情報からの価値抽出」に焦点,ベータ版を今秋リリース
独SAPと米Microsoft,「Office」とSAP社製アプリの連携ツール「Mendocino」を発表
Microsoft Office 5万円は高いか安いか

[発表資料へ]