PR

 近距離無線規格Bluetoothの標準化団体Bluetooth Special Interest Group(SIG)は,1週間に出荷されるBluetooth製品が500万台を突破したことを米国時間5月24日に発表した。

 500万台のマイルストーン達成は,Bluetooth技術が携帯電話,車両,モバイル・パソコン,MP3プレーヤ,マウス,キーボードといった幅広い用途で普及していることを示すものである,とSIGは説明する。

 Bluetooth SIG常任理事のMichael Foley氏は,「先ごろ発表されたBluetooth SIGとUWB間の協調に向けた取り組みを合わせると,Bluetooth技術のリーダー的な地位がさらに強化されるだろう」という考えを明らかにしている。

 Bluetooth無線技術が1998年に公開されて以来,3400社を超える企業がBluetooth SIGにメンバーとして参加している。市場におけるBluetooth製品は急増しており,2003年から2004年にかけて倍増して2億5000万台に達している。Bluetooth SIGは,このペースで成長が続いた場合,2005年末までに出荷台数が5億万台に達すると予測している。

◎関連記事
Bluetooth SIG,UWB開発者と相互接続性実現に向けて協調
米Motorolaがサングラス・メーカーと提携、Bluetooth対応ウエアラブル機器開発へ
「Bluetooth対応ステレオ・ヘッドセットの需要が高まる兆し」,米In-Stat/MDR
「2004年の中国と台湾におけるBluetooth対応機器,生産高は前年から77%増」,米調査
米Motorola,ハンズフリー通話を支援するBluetooth車載対応システムを発表

発表資料へ