PR

 中国のLenovo Group(聯想集団)が,「Intel Pentium 4 processor 600」製品系列プロセサ搭載の新型デスクトップ・パソコン「ThinkCentre M52」「同A52」を米国時間5月26日に発表した。8月に利用可能とする。

 M52はタワー型,A52は小型フォーム・ファクタの製品。ThinkCentre製品系列の既存モデルに比べ,40%小型化したという。64ビット対応のデュアル・コア・プロセサを搭載し,新型のチップセット「Intel 945G Express Chipset」およびグラフィックス・アクセラレータ「Intel Graphics Media Accelerator 950」を採用した。

 重要な情報を暗号化するハードウエア技術「Embedded Security Subsystem」に対応しており,不正アクセスに対抗できる。セキュリティ技術Trusted Platform Module(TPM)1.2準拠により,米Microsoftが将来版OS「Longhorn」で推奨するセキュリティ基準を満たせるという。

 セキュリティや管理性などを強化する米Intelの企業向けパソコン・プラットフォーム「Professional Business Platform」にも対応する。

 特に,2005年後半に出荷開始するM52とA52を含むThinkCentre製品系列のパソコンには,同プラットフォームの構成要素である管理技術「Intel Active Management Technology(AMT)」を導入する。同技術を利用すると,ネットワーク接続されたすべてのAMT対応パソコンに対し,監視,セキュリティ・パッチ適用,障害診断が行えるようになる。こうした管理作業は,対象となるパソコンの電源が切れていても,OSが応答しない状態でも実行可能という。

 米メディアの報道(internetnews.com)によると,ThinkCentre M52/A52は企業での利用を想定しており,価格は700~800ドルの範囲になる見込みという。

◎関連記事
米Lenovoと台湾USI,パソコンの設計・製造で世界的な戦略的提携
米Intel,家庭向けデュアル・コア・プロセサ「Pentium D」や企業向け新プラットフォームを発表
「パソコン市場にデュアル・コア時代の到来」,米Intel
「2005年の世界パソコン出荷台数は前年比9.7%増」,米IDCが予測を下方修正
米IBMのパソコン事業,3年間以上利益なし
「2010年の世界PC台数は現在の約2倍に,新興市場の増加が顕著」,米調査
米IBM、中国・聯想集団へのパソコン事業売却を正式発表
「2007年までにPCメーカー上位10社のうち3社が撤退」,米Gartnerが予測

[発表資料へ]