PR

 米Microsoftは米国時間5月25日,石油/ガス業界向けのITロードマップ「Peak Performance Initiative」を発表した。同社のWebサービス・プラットフォーム「.NET」をベースに幅広い製品を提供し,相互接続した強力なITインフラの実装を支援する。需要と供給,法規やコスト面での問題を解決し,過去に遭遇したような不慮の稼働停止にも対処できるようにするとしている。

 石油/ガス業界では,現在,掘削装置の自動監視,全社規模および世界規模のコラボレーション,精製装置の問題診断などが実現しているという。「今後はXMLを通じて情報,スタッフ,システム,装置を融合する.NETを活用し,効率性と効果をさらに高める」(同社)

 Peak Performance Initiativeで取り組む主な領域は以下の通り。

・主要プロジェクトの実施:信頼性の高いプロジェクト実施を目指し,「Project Intelligence」ツールおよび手法を用いて適時適切なリスク管理を行う。
・ポートフォリオの管理:石油/ガス・タンクのライフサイクルにおける意志決定とワークフローの向上を目指し,コラボレーション環境を整備する。
・業務の効率化:より優れた小売り業務と効率的なサプライ・チェーンさい配により,売り上げ拡大と燃料価格の管理を向上する。
・健康・安全・環境(HSE)の向上:健康,安全,環境に関する問題を監視,追跡,報告し,コンプライアンスにかかる費用を削減する。

 また同社は同日,石油/ガス業界向けサービス企業の米Schlumbergerと戦略的提携を結ぶことを明らかにした。Microsoft社のWindowsおよび.NETプラットフォームを通じて,石油/ガスの分析や企業向けデスクトップ・ソフトウエアの性能向上,おなどに関するデスクトップ・ソフトウエアの提供を促進する。

◎関連記事
米Microsoft,ライフサイエンス業界向けソリューション「Axapta 3.0 for Life Sciences」を2005年Q1にリリース
米Sun,RFID導入ソリューションや特定業界向けアーキテクチャを発表
米MicrosoftがERP製品ラインを拡充,6月より順次新版をリリース
米Microsoft,中小企業向けRFIDソリューションの拡張計画を発表
独SAPと米IBM,小売業界向けのソリューションで提携拡大
米IBM,自動車/政府/生命科学業界向けのポータル・ソリューションを発表
「エネルギー業界向け作業管理システム市場は2年後に10億ドル~13億ドル規模へ」,米調査
「エネルギー公益事業のIT支出は前年比13%減,ただしセキュリテイ分野などは増加」,米調査

[発表資料へ(その1)]
[発表資料へ(その2)]