PR

 全米レコード協会(RIAA)は,学術機関向けの高速コンピュータ・ネットワーク「Internet2」を利用した著作権侵害行為で,33大学の計91にのぼる学生を提訴した。RIAAが米国時間5月26日に明らかにしたもの。

 RIAAは4月に,ファイル交換アプリケーション「i2hub」を使って同ネットワーク上で音楽をダウンロードおよび交換したとして,18大学の学生を提訴している。今回の訴訟で,「新たに20校が摘発対象に加わった」(RIAA)。

 米メディアの報道(internetnews.com)によると,Internet2は,「Abilene」と呼ばれるバックボーンを用い,標準的なインターネットよりはるかに高速な10Gbpsのデータ伝送を実現する。なお,米連邦法にもとづく著作権侵害の損害賠償額は,侵害された著作物1件につき750~15万ドルという。

 今回提訴された学生の通う大学は次の通り。ボストン大学,ブランダイズ大学,ブラウン大学,コロンビア大学,デポール大学,ドレクセル大学,ジョージア工科大学,ハーバード大学,インディアナ大学,リーハイ大学,ニューヨーク大学,プリンストン大学,ライス大学,ロチェスター工科大学,セントルイス大学,ニューヨーク州立大学ビンガムトン校,同バッファロー校,オハイオ州立大学,タフツ大学,チューレーン大学,カリフォルニア大学バークレー校,同デイビス校,同ロサンジェルス校,同サンディエゴ校,デラウエア大学,イリノイ大学アーバナ・シャンぺーン校,マサチューセッツ大学アマースト校,ミズーリ大学ローラ校,ネブラスカ大学リンカーン校,ニューハンプシャー大学,南カリフォルニア大学,トレド大学,ウエイクフォレスト大学。

 またRIAAは,「KaZaa」「LimeWire」「Grokster」などのピア・ツー・ピア(PtoP)サービスを使って違法に音楽を配信した649人の個人に対しても,同日訴訟を申請した。

◎関連記事
デジタル音楽サービスを利用する消費者が増加,違法ダウンロードは減少」
「デジタル・コンテンツのの違法ダウンロード,経験のある中・高校生は33%」,米調査
PtoPソフトを巡る裁判,Kazaa側証人が「法的メカニズムだけでは解決にならない」
不正音楽ファイル交換,英高等法院がISPにユーザーの身元開示を命令
米国アーティストは創作活動にネットを活用,しかし52%が「無許可のファイル交換は違法」
「PtoPファイル交換,ユーザーの約40%が会社のネットワークを利用」,米調査 
米映画業界が,PtoPで不正な映画ファイル交換向けサーバー運用した個人を提訴
米FBI,「スター・ウォーズ」違法コピーを配信したPtoPネットワークを閉鎖

[発表資料へ]