PR

 米Novellは米国時間5月31日,同社の企業向けLinux「SUSE LINUX Enterprise Server 9」に,米JBossおよび米Oracleのソフトウエアと,米Hewlett-Packard(HP)のサーバーを組み合わせたソリューションを発表した。「企業がオープンソース・アプリケーションを他のサードパーティ製品と安心して利用できるように,当社のベスト・プラクティスをもとに開発した」(Novell社)

 具体的には,SUSE LINUX Enterprise Server 9に,Jboss社のアプリケーション・サーバー「JBoss Application Server(JBoss AS)4.0」,Oracle社のデータベースおよびクラスタリング・ソフト「Real Application Clusters」,HP社のブレード型サーバー「BladeSystem BL20p」「同BL30p」を組み合わせる。

 Novell社は今年3月,さまざまな統合アプリケーションがLinux環境で問題なく稼働するように,設定の定義/認定を行うプログラム「Validated Configuration Program(VCP)」を発表している。同プログラムはユーザーがLinuxベースのアプリケーションを円滑に導入できるように支援するもの。今回発表するソリューションは,VCPの一環として提供する初めてのソリューションとなる。

 同ソリューションに関する性能テスト,推奨設定,ベスト・プラクティスなどのデータは6月に提供する。ハードウエアとソフトウエアの提供は2005年第3四半期より始める。

 Novell社Linux, Open Source Platforms and Services部門担当副社長のDavid Patrick氏は,「企業は業務に支障をきたすことなく,Linuxベースのアプリケーションを導入する必要がある。当社の認定済みソリューションを利用することで,テストやプラットフォーム構築にかかる手間とコストを削減できるだろう」と説明する。

◎関連記事
米Novellが大規模Linuxシステム向け戦略を発表,オープンソースのグループウエア「Hula」など開発へ
米Novell,Linuxユーザーを保護するための免責保証プログラムを発表
米NovellがLinux普及促進を目指す非営利団体OSDLに参加
米Novell,Linuxセキュリティの米Immunixを買収
米JBoss,アスペクト指向のJ2EE 1.4対応サーバー「JBoss AS 4.0」を提供開始
米JBossが米Novellと提携,サービス指向アーキテクチャの開発を促進
「2008年には世界サーバー出荷台数の約26%がLinuxを搭載」,米IDCの調査
「2008年のLinux関連市場は357億ドル規模」,OSDLが米調査を引用

[発表資料へ]