PR

 米5G Wireless Solutionsは,最大4キロメートルのWi-Fi無線接続テストを開始した。同社が米国時間5月31日に明らかにしたもの。

 テストには,802.11b/gに対応した同社の新たなベース・ステーション「Cellular Approach to Wi-Fi」を用いる。同ベース・ステーションは,120度範囲のアンテナで構成する。携帯電話と干渉を起こすことなく,携帯電話用アンテナ塔に取り付けることができる。3枚のパネルを組み合わせて,360度方向の設置も可能。802.11bでは最大4キロメートル,802.11gでは最大1.5キロメートルの距離で無線接続が行えるという。

 同社は,同ベース・ステーションが「米国および海外における自治体のWi-Fi導入をけん引するだろう」と期待している。

 「Wi-Fi接続の範囲が広がることで,1平方フィートあたりのインフラ・コストを削減できる」(5G Wireless社)

 Cellular Approach to Wi-Fiは,現在,カリフォルニア州マリーナデルレイにある同社本社に設置し,テストを行っている。出荷開始は2005年第3四半期を予定する。

◎関連記事
フィラデルフィア市,巨大無線LANホットスポット計画の内容を発表
米Motorola,米市政機関向けに2.4GHzと4.9GHz対応の無線ブロードバンド・ソリューションを提供
米Cisco,公共機関向け無線ネットワーク構築支援ソリューションを発表
「Wi-Fiサービス事業の利益は以前の予測ほど伸びない」,米調査
「世界のホットスポットは2009年に70万カ所を超える」,米調査
米国のモバイル通信,「2007年にWi-Fiユーザー数が3Gユーザー数を上回る」,米調査
Skype,Wi-Fi経由のVoIP提供で英国プロバイダと提携
「Wi-Fi VoIP端末の世界市場は2009年まで堅調に成長」,米Infoneticsの調査

[発表資料へ]